【薬局業務】話を聞いてくれない患者さん

この記事は約3分で読めます。

83歳のおばあちゃんが処方箋をもって来られました。

このおばあちゃんがなかなか話を聞いてくれなくて苦労しました。

そろそろお昼休みに行こうとした頃に来局。

そこから30分近く、このおばあちゃんとお話しすることになりました。

 

 

自己判断で薬の調節をしていたようです

循環器の薬を服用しているおばあちゃんです。

薬はすでに一包化してあり、あとは服薬指導だけです。

 

聞くと、時々低血圧になるので自分で薬を調節しているとのことです。

 

怖いですね~

 

通称”薬情”という薬の説明書きを見ながら、血圧の薬を自己判断で調節しているようです。

 

間違えて、血栓予防の薬を抜いたら脳梗塞や心筋梗塞の恐れがあります。

心臓の薬を抜いても心不全に至るおそれがあります。

 

 

自己判断をすると医師は診断しにくい

この方の話によると、医師も自己調節を了承しているとのことでした。

 

でも、この様子だと医師との会話もどれほど成立していたのか心配になります。

 

しかも、薬をきちんと服用していないと、今の症状の原因を突き止めにくくなります。

薬を指示通り服用して、症状や検査値がどう変化したのか観察したいところです。

その結果はじめて、薬の処方を変えることができるのです。

 

 

 

最終的には最低限の服薬指導をしました

薬の自己調節はしないこと、低血圧時の転倒に気を付けることを指導しました。

 

自己調節して体調が急変してしまうことが怖いですね。

そして、副作用や副作用による転倒などの自己などが心配なところでした。

 

最低限の服薬指導になってしまいましたが、会話が成立しないのでやむえをえません。

最低限の大切な点を何度も念押ししました。

 

きちんとした会話が成立しない患者さんには本当に苦労します。

 

転職サイト

ここからは、特に利用者の多い転職サイトをピックアップします。

1.薬キャリ



よく目にするサイトではないでしょうか。エムスリーキャリア株式会社の運営するサイトです。私も利用していますが、医療サイトのm3.comからは最新の医療情報を得ることができます。

求人情報数は、業界最大級の3万件以上を誇ります。薬剤師専門のサイトで、病院や調剤薬局の求人に強いのが特徴です。大手のサイトですが、地域専任のキャリアコンサルタントがいて様々な薬局を網羅しています。紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能です。

 

2.マイナビ薬剤師




「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの 株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職サイトです。

こちらも業界最大級の5万件以上の求人情報件数を誇ります。5年連続で「利用者満足度No.1」を売りにしています。(2017年11月の調査)全国の薬局を地域情報込みでシステム化していて、希望に合った求人が見つけやすくなっています。

薬剤師のみならず人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた会社であることから、安心して利用できる紹介会社の一つといえるでしょう。

 

3.ファルマスタッフ




大手調剤チェーンである日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営するサイトです。

こちらも求人件数業界最大級の転職サイトです。母体が大手調剤薬局であることから、薬剤師の転職に必要な情報を得られることが期待できます。

 

4.ファルメイト



派遣に特化した転職サイトです。派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障となっています。月3、4日の単発派遣で副業で年収100万UPも可能です。1日単位での単発派遣も扱っています。

地方【高年収・高時給】案件もあります。地方の派遣ではかなりの高時給になることがありますから、稼ぎたい方は検討してみてはいかがでしょうか。