【AGA】薄毛の薬ープロペシアとザガーロの効き方(作用機序)

この記事は約3分で読めます。

AGA-男性型脱毛症の原因

AGAは毛髪のサイクルが乱れることがによって発症します。

毛髪は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しています。

このサイクルが乱れて、太い毛が育たずに抜け落ちてしまうことで薄毛になります。

 

では、なぜ毛髪のサイクルが乱れるのでしょうか?

 




悪玉男性ホルモン

毛髪のサイクルを乱す一つの原因は、ジヒドロテストステロンです。

ジヒドロテストステロンが、”悪玉男性ホルモン”と呼ばれます。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞の働きを弱めてしまいます。

その結果、毛髪のサイクルが乱れてしまうのです。

 




 

病院でもらえるAGAの薬

病院でもらえるAGAの薬には以下のものがあります。

 

・プロペシア(成分はフィナステリド)
・ザガーロ(成分はデュタステリド)

 

この二つは、5α還元酵素阻害薬という薬に分類されます。

これらは、ジヒドロテストステロンが作られるのを邪魔する薬です。

 

ジヒドロテストステロンの原料はテストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンが、5α還元酵素という酵素の力でジヒドロテストステロンに変換されます。

5α還元酵素

テストステロン   →   ジヒドロテストステロン




プロペシアやザガーロは、5α還元酵素の働きを邪魔することで、ジヒドロテストステロンの量を減らします。

その結果、毛母細胞が元気になって薄毛も改善していきます。

5α還元酵素

テストステロン   →×   ジヒドロテストステロン




医師の処方が必要

プロペシアやザガーロは、お医者さんに処方してもらう必要があります。

専門外来を受診するのがベストですが、かかりつけの内科でも処方してくれることもあります。

保険適用外になりますので、診察も薬代も自費になります。

ちなみに、プロペシアは価格の安いジェネリック医薬品も存在します。

 

まとめ

・脱毛症は毛髪のサイクルが乱れることが原因です。

・悪玉男性ホルモンージヒドロテストステロンが毛髪サイクルを乱します。

・ジヒドロテストステロンはテストステロンを原料にして、5α還元酵素によってつくられます。

・プロペシアやザガーロは、5α還元酵素の働きを邪魔することで薄毛を改善します。

・医師の処方が必要ですが、自費となります。