【鼻炎】アラミストなどステロイド点鼻薬の効果と副作用

この記事は約4分で読めます。




鼻炎症状の原因は上気道の炎症

鼻アレルギーの症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
つらい症状をなんとかしたい、と思うものです。

実は、鼻アレルギーの症状は、上気道で炎症が起こってから生じています。
上気道とは、鼻からのどのあたりの部分をいいます。

 

 

詳しく言うと

次のような順序で鼻炎が起こっているということです。

1.花粉などのアレルゲンに免疫細胞が反応します。

2.その結果、鼻からのどのあたりの粘膜で炎症が起こります。

3.炎症が生じたために、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状が出てきます。




ステロイド点鼻は第一選択?

ステロイド点鼻薬は、”最も有効な鼻アレルギー治療薬の一つ”と言われています。

欧米では、鼻アレルギー治療の第一選択薬です。
つまり、欧米では鼻アレルギーで最初に使うのがステロイド点鼻薬です。

日本でも積極的に処方されていて、内服薬を服用せずステロイド点鼻薬のみで症状を抑えられる場合もあります。

 

 

ステロイド点鼻薬の効果は?

上述の通り、鼻炎症状が出る前に鼻からのどに炎症が広がっています。

ステロイド点鼻薬は、鼻炎の原因となっている炎症を抑える薬です。

 

詳しく言うと

1.免疫細胞に作用して、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質を減らします。

2.血管内皮細胞や分泌細胞にも作用して、鼻の粘膜の腫れを抑えます。

このように多彩な作用があることから、とても効果の高い薬です。




即効性は?

基本的にステロイド点鼻薬は即効性のある薬ではありません。
1~2日で効果が表れる場合がありますが、効果には個人差があります。

 

ステロイド点鼻薬は、鼻炎症状の原因となっている炎症を抑える薬です。

原因を抑える薬なので、すぐに効果が表れなくても継続して使用していく事が大切です。

また、症状が落ち着いたからといって使用をやめないようにしましょう。




副作用?

”ステロイド”と聞くと、副作用を心配される方が多いと思います。

でも、ステロイド点鼻薬はあまり副作用の心配が要りません。

その理由は、ほとんど鼻でしか作用しないからです。

 

例として、アラミスト点鼻薬(フルチカゾン)バイオアベイラビリティ(生物学的利用率)平均0.50%でした。

つまり、全身に回るのが、0.5%程度ということです。

 

少量を鼻の局所に使用し、ほとんど全身に回らないことから安全性の高い薬です。

そうは言っても、大量に長期間使用すると、全身に影響が出ますので、用法用量を守ることが大切です。

 

局所の副作用として、鼻出血などが起きることがありますが、使用をやめるとよくなります。




ステロイド点鼻薬は市販されている?

ステロイド点鼻薬は市販されているものもあります。

ナザールARコンタック鼻炎スプレーなどがあります。

 

これらに配合されているのはベクロメタゾンというステロイドです。

ベクロメタゾンは鼻で効果を発揮した後、副作用が起こりにくい形に変化する性質を持ちます。

そのため、全身への影響が少なくなっています。

このような薬のことをアンテドラッグといいます。

 

他にもステロイドを配合した点鼻薬がありますが、血管収縮薬を配合している場合があるので注意が必要です。

血管収縮薬の使用はあまりおすすめできません。血管収縮薬についてはこちらの記事をご覧ください。

【鼻炎】点鼻薬の正しい使い方ー血管収縮剤に注意

 

 

まとめ


ステロイド点鼻薬は、鼻炎の初期から効果的です。

早くから効果が出ることもありますが、継続的に使用することが大切な薬です。

全身への影響が少なく、安心して使用できます。

参考資料:アラミスト点鼻液インタビューフォーム