アレルギー

鼻水・鼻づまりに効く風邪薬-おすすめの市販薬は?

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。
ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。
風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。
この記事では、鼻水。鼻づまりに効く薬の選び方を解説します。

 

風邪の原因はウイルス

風邪の原因はウイルス感染です。ウイルスが体に侵入することで、様々な風邪の症状が起こります。風邪ウイルスを退治する薬は存在しないので、体に備わっている免疫機能によって撃退するしかありません。とにかく体を休めて、体がウイルスを撃退することにエネルギーを使えるようにすることが大切です。

 

 

市販の風邪薬

ウイルスを撃退するまでは、咳や鼻水、熱や頭痛などのつらい症状が続きます。市販の風邪薬は、このような風邪に伴う症状を楽にするための薬です。風邪ウイルスを撃退する薬ではないことを理解しておきましょう。

症状が長引く場合や、症状が重くなる場合には、他の病気が潜んでいることがあるので医師に診てもらいましょう。

症状が軽い場合は、市販の風邪薬で十分対処できます。

 

 

 

 

鼻水

鼻水も、異物を外へ出すための防御反応です。風邪ウイルスに感染すると炎症が起こり、体の中でヒスタミンが分泌されます。ヒスタミンが鼻の粘膜に働くことで、鼻水が出ます。市販の鼻炎薬はヒスタミンの働きを抑えることで、鼻水、鼻づまりの症状を抑えます。
花粉症などのアレルギー症状も、ヒスタミンの分泌によるものです。そのため、アレルギーによる鼻水の症状にも、風邪による鼻水の症状にも、ヒスタミンの働きを抑える薬が使用されます。

 

・フェキソフェナジン

ヒスタミンの働きを抑えることで、鼻水、鼻づまりを抑えます。第二世代抗ヒスタミン薬に分類され、脳に移行しにくく眠気の出にくい薬です。
アレグラが有名ですが、同成分で価格の安いものをインターネットで購入できます。

 


 

・d-クロルフェニラミン

フェキソフェナジンと同じく、ヒスタミンの働きを抑えることで、鼻水、鼻づまりを抑えます。病院で処方される薬では、ポララミンに配合されています。
第一世代抗ヒスタミン薬に分類される薬で、眠気や口のかわきなどの副作用に注意が必要です。
新コンタック600プラスや鼻炎薬A「クニヒロ」 には、クロルフェニラミンとプソイドエフェドリンが配合されています。

 

・プソイドエフェドリン

鼻づまりがひどい場合に効果的です。交感神経を刺激することで、鼻粘膜の血管を収縮させることで粘膜の腫れをとり、鼻づまりを改善します。交感神経を刺激するため、高血圧、心臓病、前立腺肥大、甲状腺機能亢進症、糖尿病などの方は注意が必要です。
市販薬では、パブロン鼻炎カプセルなどに配合されています。

 

 

総合感冒薬

風邪薬は、症状に合わせて使用するのが基本です。症状が熱だけの場合は解熱鎮痛薬、咳だけの場合は咳止め、という選び方をします。でも、いくつかの症状ある場合は総合感冒薬を使用できます。
総合感冒薬は、ここまでに取り上げた薬を組み合わせたものです。解熱鎮痛薬、咳止め、鼻炎薬が配合したものが基本です。このような基本処方の様々な組み合わせによって、たくさんの総合感冒薬が販売されています。

 

 

 

・総合感冒薬にアンブロキソールをプラス

総合感冒薬の基本処方にアンブロキソールなどの去痰薬を加えたものがあります。特に痰の症状がひどい風邪の症状に向いています。

 

・総合感冒薬にトラネキサム酸をプラス

総合感冒薬の基本処方にトラネキサム酸を加えたものがあります。特にのどの痛みがひどい風邪症状に向いています。

 

 

 

まとめ

・この記事では、風邪による鼻の症状に効く市販薬をご紹介しました。

・発熱や咳などの症状を伴う場合は、いくつかの薬を組み合わせた総合感冒薬を使いましょう。

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-アレルギー

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5