コーヒーは一日4杯がおすすめ【コーヒーの健康効果】

この記事は約3分で読めます。

コーヒーを毎日飲むと病気の予防が期待できます。日本人を対象としたコホート研究から分かりました。

しかも飲む量が増えるほど病気のリスクが下がり、3~4杯位がベストという研究結果です。

インスタントコーヒーでもOKです。

大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店


 

 

死亡リスクが下がる

国立がん研究センターがコーヒーと死亡リスクの関連について研究しています。日本人を対象とした追跡調査は珍しいようです。この調査の結果、コーヒーを毎日飲む人は脳卒中、心臓病、呼吸器疾患で死亡するリスクが下がることが分かりました。

この研究では、1990年と1993年に生活習慣を尋ねた約9万人を2013年まで追跡調査しています。コーヒーを1日に3~4杯飲む人は、全く飲まない人に比べて死亡率が24%低いことが分かっています。

 

 

クロロゲン酸の効果

コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種です。クロロゲン酸はカフェインよりも多く含まれていて、コーヒーの褐色や苦味、香りのもとになっています。

クロロゲン酸には、抗酸化作用があります。体の中では活性酸素が様々な病気の原因になります。活性酸素は、血液中の脂質と反応して動脈硬化や心筋梗塞を引き起こします。クロロゲン酸は、様々な病気の原因となる活性酸素を打ち消す作用があります。

クロロゲン酸には、血糖値を改善する作用や血圧を調整する作用、抗炎症作用があるといわれています。

大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店


 

カフェインの効果

コーヒーに含まれるカフェインには、血管内皮の機能を改善する効果があるといわれています。気管支拡張作用があるので、呼吸器機能を改善することも期待できます。このような作用によって、循環器や呼吸器の病気を防ぐと考えられています。

 

インスタントコーヒーでもOK

今回のコーヒーと死亡率についても調査では、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーを区別していません。どちらもコーヒーの成分はあまり変わりません。インスタントコーヒーでも、レギュラーコーヒーと同じ効果を期待できます。

 

ネスカフェバリスタがおすすめ

ネスカフェバリスタなら、気軽に本格的な味を楽しめます。忙しい朝でも、ワンタッチでおいしいコーヒーをいただけます。お手入れも簡単で気に入っています。

 

 

 

 

まとめ

コーヒーを1日に3~4杯飲むと病気の予防になると考えられています。

国立がん研究センターの研究結果によると、死亡率が24%低下します。特に、心臓病や脳卒中、呼吸器疾患の予防が期待できます。

インスタントコーヒーにも、クロロゲン酸やカフェインが十分含まれています。

 

参考資料:コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について|国立がん研究センター

 

大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店