ストラテラを服用している患者さんがきたので、ADHDとストラテラの用量について勉強した

この記事は約2分で読めます。

40才位の患者さんでストラテラ錠40mgを継続して服用している患者さんがいます。注意欠陥/多動性障害つまりADHDの薬です。

薬局で話す感じでは、ADHDの症状は分からないので、まとめてみたいと思います。

 

 

ADHDの症状は

大きく分けると、多動性、衝動性、不注意というのがADHDの症状です。症状は基本的に子供も大人も同じみたい。

多動性は、落ち着いていられない。授業中落ち着きのいられないなど。大人になっても、貧乏ゆすりとか意味のない動き。

衝動性は、人との会話で出し抜けに話し始める。大人でも、衝動時に言葉を発してしまう。衝動買いをするなど。

不注意は、忘れ物をしたり、時間を守れなかったりするようです。

自分も多少はこういう行動がある気がする。

 

ストラテラの用量

ストラテラは小児と大人で用量に注意が要る。

【用法・用量】(添付文書より抜粋
1. 18歳未満の患者
1日0.5mg/kgより開始し、1日0.8mg/kg→1日1.2mg/kg→1日1.2~1.8mg/kgで維持。
増量は1週間以上の間隔をあけて行う。
いずれの投与量においても1日2回。
1日量は1.8mg/kg又は120mgのいずれか少ない量を超えないこと

子供の場合は体重換算が基本。少量から開始し、徐々に用量を増やしていく。MAXは1.8mg/kgまたは120mgのどっちか少ない方。ってことは、120/1.8=66.6666kgだから…