図を見てわかる解説

図を見てわかる解説 図を見てわかる解説
図を見てわかる解説

【骨粗鬆症】イベニティが骨量を増やすメカニズム

このサイトでは、患者さんに薬の説明をする薬剤師の視点で薬の解説をしています。 普段、患者さんに説明しきれないことまで、詳しく解説します。 骨粗鬆症の新たなメカニズムが明らかになってきています。 イベニティは、新たに...
図を見てわかる解説

【リウマチ】JAK阻害薬スマイラフの作用とは

スマイラフ錠は、ヤヌスキナーゼ(JAK)という酵素の働きを邪魔する薬です。 ゼルヤンツ、オルミエントに続く第三のJAK阻害薬です。 1日1回の内服で関節リウマチの症状を改善します。 効能効果は、「既存治療で効果不十分な関節...
循環器系

【高脂血症】パルモディアは肝障害が表れにくいフィブラート系薬

「この薬は、今までの薬と何が違うんだろう?」と思うことはありませんか。 ふだん患者さんに説明するように、薬の作用について解説します。 この記事では、パルモディアという高脂血症治療薬が従来の薬とどう違うのかをまとめています。 ...
図を見てわかる解説

【痛み止め】ロコアテープは吸収率が高く、抗炎症作用が強力

ロコアテープの適応は、「変形性関節症における鎮痛・消炎」です。 1日1回使用することで効果を発揮するテープ剤です。 成分はエスフルルビプロフェンという非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。 NSAIDsには、...
図を見てわかる解説

【片頭痛発作】片頭痛のメカニズムとトリプタン系薬の作用機序

日本の片頭痛の患者数は、15 歳以上で人口の6.0%~8.4%と報告されています。 片頭痛は、頭の片側は痛むことに由来する名前ですが、実際には片側の痛みに限るものではありません。 前兆症状がある片頭痛と、前兆症状はない片頭痛がありま...
図を見てわかる解説

【慢性疼痛】トラムセットの作用機序と副作用

このサイトでは、患者さんに薬の説明をする薬剤師の視点で薬の解説をしています。普段、患者さんに説明しきれないことまで、詳しく解説します。 この記事では、慢性疼痛の治療薬トラムセットの作用をまとめています。わかりやすい言葉と図を使った解説...
図を見てわかる解説

【禁煙補助薬】チャンピックスの作用機序-部分作動薬とは

チャンピックスは病院で処方される禁煙補助薬です。 ニコチン受容体にくっつくことで作用を発揮します。 ニコチンの働きを邪魔するだけでなく、ニコチン受容体に対して部分作動薬として働きます。 ニコチン依存 たばこをやめ...
図を見てわかる解説

【過敏性腸症候群】セレキノンの二面的な作用機序とは

セレキノンは消化管運動調律剤に分類される薬です。成分名はトリメブチンマレイン酸塩と言います。効能効果は慢性胃炎における消化器症状(腹部疼痛、悪心、噯気、腹部膨満感)、過敏性腸症候群です。市販薬では、セレキノンSとして販売されていて、過敏性腸...
図を見てわかる解説

【皮膚】ワキガの原因はアポクリン腺と黄色ブドウ球菌

ワキガは、専門用語では腋臭症(えきしゅうしょう)といいます。 ワキガとは、汗の成分が原因で強いにおいを発する体質、または疾患のことです。 日本人などの黄色人種ではその頻度は約10%の人がワキガといわれています。 白人や黒人...
図を見てわかる解説

【リウマチ】オルミエントの作用機序-ヤヌスキナーゼ(JAK)とは

オルミエント錠は、ヤヌスキナーゼ(JAK)という酵素の働きを邪魔する薬です。 1日1回の内服で関節リウマチの症状を改善します。 効能効果は、「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」となっています。 ...