漢方薬 生薬・漢方薬

ナイシトールより安い防風通聖散はどれ?【含有量と価格を比較】

2020年2月4日

ナイシトールを飲みたいけど、もっと安いのないのかな?
ナイシトールは小林製薬の漢方薬で、たくさんの広告費が掛かっています。ネットではもっと安いものがありますよ。

ナイシトールの成分は防風通聖散という漢方薬です。便秘や肥満症などに効果があります。

防風通聖散はいくつものメーカーから販売されています。ナイシトールは小林製薬の漢方薬で、たくさんの広告費が掛かっています。

インターネットではナイシトールよりも安い防風通聖散を購入できます。Amazonブランドの防風通聖散などは、広告費が掛かっていない分、安くなっています。

・防風通聖散は脂肪を燃焼し、脂肪の吸収を抑えることで肥満症を改善します。
・防風通聖散はいくつものメーカーから販売されていて、かなり価格が抑えられたものがあります。

Amazonの防風通聖散は、含有量が多い割にかなり安くなっています。


防風通聖散の作用

防風通聖散は便秘や肥満症に効きます。特に、お腹についた脂肪が気になる人に向いています。便秘にも効果があり、下痢をしやすい人には向きません。

防風通聖散には、代謝を良くする作用があります。細胞を活性化して脂肪の燃焼を活発にします。腸での脂肪の吸収を抑える作用もあります。このように、脂肪を燃焼し、脂肪の吸収を抑えることで肥満症を改善します。

防風通聖散はいくつものメーカーから販売されていて、かなり価格が抑えられたものがありますよ!

ナイシトール

ナイシトールは防風通聖散の含有量や用法の違う3種類が販売されています。

ナイシトールZ:含有量が多く、防風通聖散が5000㎎配合されています。1日3回の服用です。1日当たり約170円です。

ナイシトールG:防風通聖散が3100㎎配合されています。1日3回の服用です。1日当たり約150円です。

ナイシトール85:防風通聖散が2500㎎配合されています。1日2回の服用です。1日当たり約120円です。

 





 

コッコアポEX

コッコアポEXはクラシエが販売している防風通聖散です。

防風通聖散を1日量として3420mg配合しています。

1日当たり約125円です。


防風通聖散エキス錠「東亜」

防風通聖散エキス錠「東亜」は北日本製薬が製造している防風通聖散です。

広告費が掛かっていないため、かなり価格が抑えられています。1日当たり約50円です。

防風通聖散を1日量として3000mg配合しています。

含有量は少なめだけど、これが一番安い!


 

Amazonブランド

Amazonブランドの防風通聖散も北日本製薬が製造しています。こちらも広告費が掛かっていないため、かなり価格が抑えられています。1日当たり約135円です。防風通聖散を1日量として6000mg配合しています。

含有量が多い割にかなり安くなっていますね。


【EGタイトLight 《防風通聖散》】

【EGタイトLight 《防風通聖散》】も、かなり価格が抑えられています。初回購入時は、1日当たり約145円です。防風通聖散を1日量として2500mg配合しています。



【EGタイトLight 《防風通聖散》】

生漢煎「防風通聖散」

生漢煎「防風通聖散」は、初回購入時は、1日当たり約143円です。防風通聖散を1日量として4500mg配合しています。



初回半額<生漢煎防風通聖散>

 

価格比較

 

 

イシトールZ ナイシトールG ナイシトール85 コッコアポEX 防風通聖散料エキス錠「東亜」  Amazonブランド

【EGタイトLight 《防風通聖散》】


生漢煎「防風通聖散」
含有量

(1日当たり)

5000mg 3100mg 2500mg 3420mg 3000mg 6000mg 2500mg 4500mg
用法  1日3回 1日3回 1日2回 1日3回 1日3回 1日3回 1日3回 1日3回
価格 約4800円/28日分 約2100円/14日分 約3300円/28日分 約3290円/26日分 約1650円/32日分 約4100円/30日分 約2200円/15日 約4300円/30日
1日当たり 約170円 約150円 約120円 約125円 約50円 約135円 約145円 約143円

 

まとめ

・防風通聖散は脂肪を燃焼し、脂肪の吸収を抑えることで肥満症を改善します。
・防風通聖散はいくつものメーカーから販売されていて、かなり価格が抑えられたものがあります。
・防風通聖散エキス錠「東亜」は、含有量は少なめですが一番安いです。
・Amazonの防風通聖散は、含有量が多い割にかなり安くなっています。


*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

おすすめ記事

1

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。 ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。 風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。 この ...

2

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

痔みたいだけど、恥ずかしくて病院に行きたくない。 市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の ...

5

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-漢方薬, 生薬・漢方薬
-

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.