アレルギー薬

アレジオン20と同成分の市販薬を比較【ポジナールEPが安い】

 

日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。アレジオンは、眠気が出にくいため最も使われている抗ヒスタミン薬の一つです。

アレジオンは、第2類医薬品になっていてドラッグストアやネットで気軽に購入できます。後発メーカーからも同成分のエピナスチンを配合した薬が販売されています。

どのメーカーのエピナスチンがお得なのかな?

この記事では、アレジオンの特徴と同成分の市販薬の価格をまとめます。

・アレジオンは、ヒスタミンの邪魔をして、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。
・アレジオンの有効成分ーエピナスチンは脳に入りにくいため、眠気の副作用が出にくい抗ヒスタミン薬です。
・アレジオンと同成分の市販薬も販売されていて、かなり価格が抑えられたものもあります。

ポジナールEP錠は特に価格の安いエピナスチン錠です。

 

 

アレジオンの作用

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞からヒスタミンなどが放出されます。ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっつくとアレルギー症状を起こります。

 

 

アレジオンは上記のアレルギー反応を抑えます。アレジオンの成分ーエピナスチンがヒスタミン受容体にくっつきます。椅子取りゲームのようにヒスタミン受容体をふさいで、ヒスタミンの邪魔をします。それによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。

 

眠くなりにくい

アレジオンは眠くなりにくい抗ヒスタミン薬です。

分類は第二世代抗ヒスタミン薬で、従来の抗ヒスタミン薬に比べて、眠気、口が渇くなどの副作用が少ないのが特徴です。病院でも最も使われている抗ヒスタミン薬の一つです。

臨床試験での眠気の副作用の頻度は8443例中102件で1.21%の確率でした。エピナスチンは脳に入りにくいため、眠気の副作用が出にくい抗ヒスタミン薬です。

アレジオンと同成分の市販薬も販売されていて、かなり価格が抑えられたものもあります。

アレジオン20

アレジオン20が先発メーカーの薬です。

ネットでは、12錠入りを約1400円で購入できます

1日当たり約117円です。

ポジナールEP錠

ポジナールEP錠は、アレジオンと同成分のエピナスチンを配合した抗アレルギー薬です。

20錠入りを約2000円で購入できます。1日当たり約100円です。アレジオン20よりも安く購入できます。

 

価格比較

価格 1日当たり
アレジオン20 約1400円/12日 約117円
ポジナールEP錠 約2000円/20日 約100円

 

まとめ

・アレジオンは、ヒスタミンの邪魔をして、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。
・アレジオンの有効成分ーエピナスチンは脳に入りにくいため、眠気の副作用が出にくい抗ヒスタミン薬です。
・アレジオンと同成分の市販薬も販売されていて、かなり価格が抑えられたものもあります。

・ポジナールEP錠はアレジオン20よりも安く購入できます。

 

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-アレルギー薬
-,

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5