かぜ薬

ロキソニンSと同成分の市販薬【ロキソプロフェン「クニヒロ」が安い】

ロキソニンSは、頭痛や生理痛に効果的です。第一類医薬品なので、薬剤師のいるドラッグストアやインターネットで購入できます。

ロキソプロフェン「クニヒロ」は、ロキソニンSのおよそ半額で購入できます。

・ロキソニンは、プロスタグランジンが減ることで痛みや炎症が和らぎます。
・長期間飲み続けると、副作用のリスクが高まるので、ずっと飲み続けるのではなく、痛い時だけ服用するようにしましょう。

ロキソプロフェン「クニヒロ」はロキソニンSより安く購入できます。

 

ロキソニンの作用

ロキソニンは痛みや炎症を抑えます。ロキソニンの成分ーロキソプロフェンは、プロスタグランジンという物質を減らします。プロスタグランジンは、痛みや炎症を強める働きがあります。プロスタグランジンが減ることで痛みや炎症が和らぎます。

ロキソニンの副作用

胃を荒らすことがあります。これは、ロキソニンに限らず痛み止めのNSAIDsというカテゴリー全般で起こります。

ロキソニンの作用でプロスタグランジンが減ると、胃を保護する機能が落ちるので胃があれることがあります。

長期間飲み続けると、副作用のリスクが高まります。まれに、喘息や発疹を起こすことがあります。ずっと飲み続けるのではなく、痛い時だけ服用するようにしましょう。

 

ロキソニンS

ドラッグストアでは12錠、約700円で販売されています。

インターネットでは約600円で購入できます。

1回約50円です。

 

ロキソプロフェン「クニヒロ」

ロキソプロフェン「クニヒロ」(皇漢堂製薬)は12錠で約300円で購入できます。

1回約25円です。ロキソニンSのおよそ半額です。

ロキソプロフェン「クニヒロ」は、処方箋医薬品にもなっています。薬局でジェネリック医薬品を希望するとロキソプロフェン「クニヒロ」が出されることがあります。

医療用でも使われているので安心です。

 

価格比較

ロキソニンS  

ロキソプロフェン「クニヒロ」

価格 約600円 約300円
1回あたり 約50円 約25円

 

まとめ

・ロキソニンは、プロスタグランジンが減ることで痛みや炎症が和らぎます。

・長期間飲み続けると、副作用のリスクが高まるので、ずっと飲み続けるのではなく、痛い時だけ服用するようにしましょう。

・ロキソプロフェン「クニヒロ」はロキソニンSより安く購入できます。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-かぜ薬
-,

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5