漢方薬

ルビーナの成分と効果とは【更年期障害】【漢方薬の連珠飲】

ルビーナは更年期障害を改善する漢方薬ー連珠飲を配合した市販薬です。体力中等度またはやや虚弱な方の、のぼせ、手足の冷えなどの更年期障害の症状に効果的です。

市販薬なので、ドラッグストアやインターネットで購入できます。

 

 

ルビーナとは

ルビーナは、急に顔がほてるホットフラッシュ、のぼせ、手足の冷え、めまい、頭痛などの更年期障害の症状を改善する漢方薬です。ルビーナの成分は、連珠飲(れんじゅいん)という漢方薬です。

効能効果は以下の通りです。

効能効果

体力中等度またはやや虚弱で、ときにのぼせ、ふらつきがあるものの次の諸症 :
更年期障害、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血

 

2種類の漢方薬の組み合わせ

連珠飲は、四物湯と苓桂朮甘湯という2種類の漢方を組み合わせた合方(がっぽう)です。四物湯は、血のめぐりを良くして体を温めます。苓桂朮甘湯は、苓桂朮甘湯は、水分代謝や自律神経の働きを整えます。この2種類を組み合わせることにより、ほてり、のぼせ、冷え性、倦怠感などの更年期障害の症状を改善していきます。

四物湯と苓桂朮甘湯には、それぞれ以下の効能効果があります。

四物湯の効能効果
皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、
血の道症
苓桂朮甘湯の効能効果
めまい、ふらつきがあり、または動悸があり尿量が減少するものの次の諸症:神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛

 

ルビーナと命の母Aのどっちを選ぶ?

上記の通り、ルビーナは連珠飲という漢方薬です。漢方薬は体質に合わせて服用する必要がありますが、連珠飲は「体力中等度又はやや虚弱」の体質に合った漢方薬です。体質に合っている場合は非常に効果的です。

一方、体力があまりない方には当帰芍薬散、体力がある方には桂枝茯苓丸、イライラなどの不定愁訴がある場合には加味逍遙散が合っている可能性があります。体質に合った漢方薬を選びましょう。*当帰芍薬散桂枝茯苓丸加味逍遙散についてはこちらの記事をご覧ください。

一方、命の母Aは、「当帰芍薬散」、「加味逍遙散」、「桂枝茯苓丸」の成分を組み合わせたものです。13種類の生薬とビタミンを配合することで女性の更年期の様々な症状に効果を発揮します。更年期に伴う、のぼせ、気持ちの不安感、イライラ、重だるさ、やる気がでない、肩こり、頭痛など症状が多岐にわたる場合に使用できます。命の母Aについてはこちらの記事をご覧ください。

 

注意点

服用して吐き気が出ることがあるので、その場合は服用を中止しましょう。また、便秘にも使用される生薬の地黄(ジオウ)を配合しているため、下痢になることもあります。このような胃腸障害が出た場合は服用をやめてください。

更年期障害の症状は多岐にわたるため、実は別の病気が隠れている場合もあります。服用していても症状が改善しない場合は、服用を中止して婦人科などを受診しましょう。

 

まとめ

ルビーナは、体力中等度またはやや虚弱な方の、のぼせ、手足の冷えなどの更年期障害の症状に効果的です。

連珠飲は、四物湯と苓桂朮甘湯という2種類の漢方を組み合わせた合方(がっぽう)です。

吐き気や下痢などの胃腸障害が出ることがあるので、その場合は服用をやめてください。

漢方は、体質に合わせて服用することが大切です。また、他の病気が隠れている場合があるので、服用して効果を実感できない場合は服用を中止して婦人科などを受診しましょう。

 

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-漢方薬

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5