【発毛】アボルブはAGAー男性型脱毛症に効果がある

この記事は約2分で読めます。

AGA(進行型男性型脱毛症)の原因は

毛髪には成長期、退行期、休止期というサイクルがある。

  • 成長期は2~6年。この期間に髪の毛は伸びる。
  • 退行期は約2週間。この期間に髪の成長が鈍る。
  • 休止期は約3~4ヶ月。この期間は完全に成長が止まり、髪が抜け落ちる。

男性ホルモンのテストステロンから変化した、ジヒドロテストステロンが毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させることが分かっています。

ジヒドロテストステロンはテストステロンを還元する5α還元酵素(5αリダクターゼ)によって生成されます。

5α還元酵素
テストステロン   →   ジヒドロテストステロン

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑える
プロペシア(フィナステリド)は5α還元酵素阻害薬です。
5α還元酵素を阻害することによりジヒドロテストステロンの生成を抑えます。
その結果、このジヒドロテストステロンの生成を防ぐことにより毛母細胞の働きを正常化させます。

 
 

前立腺肥大治療薬アボルブも5α還元酵素阻害薬

アボルブ(デュタステリド)もプロペシアと同じく5α還元酵素阻害薬に分類されます。
前立腺はテストステロンやジヒドロテストステロンによって肥大化します。アボルブはジヒドロテストステロンの生成を阻害することにより、前立腺肥大を抑える薬です。
アボルブは前立腺肥大治療薬として承認されていますが、5α還元酵素阻害薬ですから、AGAにも効果があります。
しかも、実はフィナステリドより効果は高いようです。フィナステリドは5α還元酵素Ⅱ型のみに作用するのに対し、デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方に作用します。
 
 

ザガーロはアボルブと同じ成分

ザガーロの成分はアボルブと同じデュタステリドです。
アボルブは前立腺肥大の薬として承認されていますが、ザガーロはAGAの薬として承認されています。ザガーロは処方医薬品(自費)で、医師による処方が必要です。