皮膚薬/虫よけ

掌蹠膿疱症の原因と治療薬【手のひら、足の裏、爪などの症状とは?】

2019年5月30日

掌蹠膿疱症は、手のひらや足のうらに、水ぶくれやウミがくり返しできる病気です。爪が変形したり、骨や関節が痛んだりすることもあります。

ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬で治療します。オキサロールは、活性型ビタミンD3誘導体で、表皮角化細胞の増殖を抑制し、表皮肥厚を改善する作用があります。

 

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症は「しょうせきのうほうしょう」と読みます。掌蹠膿疱症は、手のひらや足のうらに、水ぶくれやウミ(嚢胞)がくり返しできる病気です。他にも、すねや膝、肘、頭などに症状があらわれることがあります。爪が変形したり、骨や関節が痛んだりすることもあります。

ウミができますが、ウミの中に細菌や真菌はいません。そのため、患部から体の他の部位や、他の人へ感染する心配は要りません。

原因

掌蹠膿疱症の原因は解明されていません。喫煙、扁桃炎や歯周病などの病巣感染が関係していると考えられています。金属アレルギーも関係していると考えられています。

治療

細菌や真菌はいないため、抗生物質などは効果がありません。症状に合わせて、ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬が使用されます。

 

 



 

オキサロールの作用機序

オキサロールは、活性型ビタミンD3誘導体で、表皮角化細胞の増殖を抑制し、表皮肥厚を改善する作用があります。

 

ここからは、さらに詳しく解説します。

オキサロールの成分ーマキシカルシトールは、ビタミンD誘導体です。活性型ビタミンDには、カルシウム代謝調節のほかに、細胞の増殖抑制作用、分化誘導作用があります。マキシカルシトールは、細胞の増殖抑制作用、分化誘導作用を発揮しながらも、カルシウムの代謝への影響は弱くしたものとして開発されました。マキシカルシトールは、皮膚の角化細胞のビタミンD受容体を刺激することで作用を発揮します。その結果、角化細胞の増殖が抑制され、角化細胞の分化が促進されます。さらにIL-6の産生が抑制され、リンパ球の増殖も抑制します。それらの作用により、表皮の肥厚を改善します。

角化細胞の増殖抑制

マキサカルシトールは[3H]チミジンの取り込みを濃度依存的に抑制し、表皮角化細胞の増殖を抑制します。それにより、表皮の肥厚を改善します。

角化細胞に対する分化誘導作用

マキサカルシトールはインボルクリンmRNAの発現を促進し、表皮角化細胞の分化を誘導します。それにより、表皮の肥厚を改善します。

サイトカイン、リンパ球等に対する作用

マキサカルシトールは、角化細胞のIL-6の分泌を抑制します。マウスを使った実験では、リンパ球の増殖を抑制することも確認されています。こうして、過剰な免疫反応を抑えます。

 

 

まとめ

・掌蹠膿疱症は、手のひらや足のうらに、水ぶくれやウミ(嚢胞)がくり返しできる病気です。

掌蹠膿疱症の治療には、ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬が使用されます。

オキサロールは、活性型ビタミンD3誘導体で、表皮角化細胞の増殖を抑制し、表皮肥厚を改善する作用があります。

 

 

参考資料:掌蹠膿疱症ネット、皮膚科Q&A-公益社団法人日本皮膚科学会、オキサロール添付文書、インタビューフォーム

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防しましょう。 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-皮膚薬/虫よけ

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.