感染症

パルスオキシメーターは新型コロナの感染判断には使えない【呼吸器疾患の重症度を判定】

新型コロナウイルスの感染が拡大してパルスオキシメーターを購入する方が増えています。パルスオキシメーターは呼吸器疾患の重症度の判断に使用されますが、新型コロナウイルスの感染判断には利用できません。

呼吸器疾患の重症度の判断には、使用されるので呼吸器疾患の持病をお持ちの方は持っておいた方がいいかもしれません。担当の医師に相談しましょう。

 

パルスオキシメーターは、血液中のヘモグロビンがどれくらいの酸素を運べているかを測定する装置です。

呼吸不全を起こす可能性のある患者さんの日常管理などに利用します。

新型コロナウイルスの感染判断には利用できません。

 

パルスオキシメーターとは

パルスオキシメーターは、血液中のヘモグロビンがどれくらいの酸素を運べているかを測定する装置です。

パルスオキシメーターは、血液中のヘモグロビンがどれくらいの酸素を運べているかを測定する装置です。皮膚を通して動脈酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定します。指先などに光を当てるだけで簡単に測定できます。

酸素飽和度は、ヘモグロビンが運べる酸素の最大量に対して、現在どれくらい酸素を運べているかを表した数値です。酸素飽和度は、96~99%が標準とされています。90%以下になると十分に酸素を運べていない状態です。

 

利用

呼吸不全を起こす可能性のある患者さんの日常管理などに利用します。

パルスオキシメーターは、呼吸不全を起こす可能性のある患者さんの日常管理などに利用します。どのくらいの数値になると注意が必要かは、患者さんの状態によって異なります。測定値の判断は医師などの医療従事者の判断を仰ぎましょう。

 

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスに感染判断には利用できません。

パルスオキシメーターは、新型コロナウイルスに感染判断には利用できません。上記の通り、呼吸器疾患の重症度を判断するために使用されます。

高齢者や持病のある人は、新型コロナウイルスが重症化するリスクが高いと言われています。パルスオキシメーターは、リスクが高い方が感染した場合の重症度の判断に使用される可能性があります。

リスクが高い方は、パルスオキシメーターが必要か医師に確認して購入しましょう。

一般家庭では、パルスオキシメーターを感染予防のために購入することは避けましょう。ここまで開設した通り、パルスオキシメーターは感染の判断には使用できません。

 

ネットで購入可能

インターネットで購入できます。

パルスオキシメーターはインターネットで購入できます。呼吸器の持病をお持ちの方で、パルスオキシメーターを購入する方はインターネットでの購入がおすすめです。

薬局やドラッグストアでは在庫を置いていない場合があります。ちなみに私が勤務する調剤併設ドラッグストアで在庫を置いていません。

 

まとめ

パルスオキシメーターは、血液中のヘモグロビンがどれくらいの酸素を運べているかを測定する装置です。

呼吸不全を起こす可能性のある患者さんの日常管理などに利用します。

新型コロナウイルスの感染判断には利用できません。

 

 

 

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-感染症

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5