【過活動膀胱】ラシックスとウリトスの併用は可能?

この記事は約2分で読めます。

90代女性の処方箋にウリトスが追加になっていました。
夜間頻尿を相談されたそうです。
ご家族の方は、利尿剤との併用を心配していました。
頻尿になる薬と頻尿の薬ということで、相反する薬が処方されているように感じられたようです。

 

 

ラシックスとウリトスの併用は問題なし

ラシックスは、腎臓での再吸収を阻害する薬であり、尿量を増やす働きがあります。
これは、高血圧や心不全など循環器系への作用を目的としています。
一方、ウリトスは抗コリン薬で、膀胱の蓄尿機能を高める働きがあります。
ご家族の方は、相反する薬が処方されているように感じたようですが、全く作用の違う薬です。
実際、どちらの添付文書にも、併用注意の欄に両者の記載はありません。

 

 

夜間頻尿に利尿剤が使用されることがある

夜間の尿量を減らすために、日中に利尿剤を服用することが効果的とする報告がある。

以下の報告に書かれています。

「高齢者夜間頻尿の病態と対処」
https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/publications/other/pdf/clinical_practice_of_geriatrics_50_4_434.pdf

日中の尿量を増やすことで、結果的に夜間の尿量を減らすということです。
多くは、循環器系の目的で利尿剤は処方されていますが、昼間に利尿剤を服用しているのであれば、結果的に夜間頻尿の改善につながると考えることができます。
こうしたことからも、ラシックスとウリトスの併用は問題ないと考えられます。

 

ラシックスが頻尿の原因だとしたら

二つの薬剤の併用に問題はありません。
そうは言っても、ラシックスによる頻尿を気にされているだけだとしたらどうなのでしょう。
そうだとすれば、ラシックスで尿量が増加→頻尿→ウリトス追加という流れは正しいのだろうか。
ラシックスの処方を変更して頂くことも、検討できるかもしれません。