目の病気と薬

【副作用】緑内障治療薬チモロール点眼液の全身作用

2018年12月11日

全身作用が現れることがある

チモロールを含有する点眼薬には目のみならず、全身作用としての副作用が発現することがある。

チモロールはβ遮断薬に分類される。β受容体は気管支や心臓にも存在している。
チモロールに限らず点眼された目薬は、鼻涙管を通り喉に落ちて、最終的に消化管から吸収される。そして、血流に乗って全身を巡ることになる。
そして、特にチモロールはβ遮断薬という性質上、心臓や気管支にも作用を及ぼしてしまう。

 

心臓への作用

心臓にはβ1受容体と呼ばれる、アドレナリン受容体がある。β1受容体にアドレナリンが結合すると、心拍数が上昇するなど心機能を亢進する。チモロールはβ1受容体を遮断することで、アドレナリンの働きを妨げることになる。
その結果、心臓の機能を低下させ、心不全や不整脈などを引き起こすことがある。

気管支への作用

気管支にはβ2受容体と呼ばれる、アドレナリン受容体がある。気管支のβ2受容体にアドレナリンが結合すると、気管支が拡張する。チモロールはβ2受容体も遮断する。その結果、アドレナリンとは逆の作用が働き、気管支が収縮してしまう。その結果、咳や息苦しさなどが生じたり、喘息発作を起こすことがある。

 

禁忌に記載がある

そのため、チモプトール点眼薬の添付文書の禁忌に以下の記載がある

〔禁忌(次の患者には投与しないこと)〕
1)    気管支喘息、又はその既往歴のある患者、気管支痙攣、重篤な慢性閉塞性肺疾患のある患者[β-受容体遮断による気管支平滑筋収縮作用により、喘息発作の誘発・増悪がみられるおそれがある。]
2) コントロール不十分な心不全、洞性徐脈、房室ブロック(Ⅱ、Ⅲ度)、心原性ショックのある患者[β-受容体遮断による陰性変時・変力作用により、これらの症状を増悪させるおそれがある。]
3) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

 

 

チモロールを含有する目薬

チモロールを含有する目薬には以下のものがある

  • チモプトール点眼液
  • コソプト配合点眼液
  • タプコム配合点眼液
  • デュオトラバ配合点眼液
  • チモロールを配合する点眼薬を使用している患者さんには、気管支喘息や心疾患の既往歴を確認する必要がある。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

おすすめ記事

1

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。 ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。 風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。 この ...

2

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

痔みたいだけど、恥ずかしくて病院に行きたくない。 市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の ...

5

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-目の病気と薬
-,

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.