【外用薬】軟膏、クリームの塗り方ーすり込む?塗る量の目安は?

この記事は約3分で読めます。

軟膏などを塗るとき、よく刷り込むのがいいと思っている方がいます。

塗る量も適切ではなくて、薬の量が足りてないことが多いと思います。

そこで、軟膏など塗布薬の塗り方をまとめます。例外的な薬もありますが、基本的な塗り方です。

 

擦り込んではいけない

まず刷り込んではいけない理由を挙げます。

 

理由①ムラができてしまう

塗り薬を刷り込むと、ムラができてしまいます。

塗り薬は、擦り込んだ方が薬が効くような気がするかもしれません。

刷り込んだ方が、薬の吸収が良くなると感じるかもしれません。

でも、それは錯覚です。

擦り込むことで、より吸収が良くなるということはありません。

 

むしろ、ムラの原因になります。

皮膚の炎症部位に凹凸があります。

擦り込むと凹凸のうち、凹んでいる部分にだけ薬が残ることになります。

 

その結果、ムラが出来てしまうのです。

 

理由②刺激を与えてしまう

擦り込むという行為自体が皮膚に刺激を与えてしまいます。

特に、炎症が起きている場合、その炎症を悪化させることなりかねません。

ステロイドなどの炎症を抑える薬を使っている場合、薬の効果を妨げてしまいます。

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなものです。

では、どのようにのればいいのでしょうか。

 

やさしくのばす

塗り薬は、指にとってから患部にのせ、やさしくのばすようにしましょう。

患部を覆いかぶせる感覚です。

 

 

塗布する量

第一関節までの量を

人差し指の指先に塗り薬を載せましょう。

指の先から第一関節のあたりまで薬を載せます。

この量が基準になります。

 

手の平2枚目分の面積に

第一関節まで載せた薬を、手のひら二枚分の面積に塗ります。

指先に載せた薬を患部に移し、やさしくのばすようにします。

少し薬が多いと感じるかもしれません。

しかし、塗り薬は患部に覆いかぶせることが大切です。

 

 

まとめ

・擦り込むことで薬の効果は半減します。

・塗り薬はやさしくのばして、患部を覆うようにしましょう。

・第一関節までの薬を両手の平の面積に塗布しましょう。