皮膚薬/虫よけ

【外用薬】軟膏、クリームの塗り方ーすり込む?塗る量の目安は?

2018年12月8日

軟膏などを塗るとき、よく刷り込むのがいいと思っている方がいます。

塗る量も適切ではなくて、薬の量が足りてないことが多いと思います。

そこで、軟膏など塗布薬の塗り方をまとめます。例外的な薬もありますが、基本的な塗り方です。

 

擦り込んではいけない

まず刷り込んではいけない理由を挙げます。

 

理由①ムラができてしまう

塗り薬を刷り込むと、ムラができてしまいます。

塗り薬は、擦り込んだ方が薬が効くような気がするかもしれません。

刷り込んだ方が、薬の吸収が良くなると感じるかもしれません。

でも、それは錯覚です。

擦り込むことで、より吸収が良くなるということはありません。

 

むしろ、ムラの原因になります。

皮膚の炎症部位に凹凸があります。

擦り込むと凹凸のうち、凹んでいる部分にだけ薬が残ることになります。

 

その結果、ムラが出来てしまうのです。

 

理由②刺激を与えてしまう

擦り込むという行為自体が皮膚に刺激を与えてしまいます。

特に、炎症が起きている場合、その炎症を悪化させることなりかねません。

ステロイドなどの炎症を抑える薬を使っている場合、薬の効果を妨げてしまいます。

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなものです。

では、どのようにのればいいのでしょうか。

 

やさしくのばす

塗り薬は、指にとってから患部にのせ、やさしくのばすようにしましょう。

患部を覆いかぶせる感覚です。

 

 

塗布する量

第一関節までの量を

人差し指の指先に塗り薬を載せましょう。

指の先から第一関節のあたりまで薬を載せます。

この量が基準になります。

 

手の平2枚目分の面積に

第一関節まで載せた薬を、手のひら二枚分の面積に塗ります。

指先に載せた薬を患部に移し、やさしくのばすようにします。

少し薬が多いと感じるかもしれません。

しかし、塗り薬は患部に覆いかぶせることが大切です。

 

 

まとめ

・擦り込むことで薬の効果は半減します。

・塗り薬はやさしくのばして、患部を覆うようにしましょう。

・第一関節までの薬を両手の平の面積に塗布しましょう。

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

イソプロパノールはエンベロープウイルスに有効です。コロナウイルスもエンベロープウイルスなので有効と思われます。 ・エンベロープウイルスにも効果があるので、新型コロナウイルスへの効果も期待できます。 ・ ...

2

乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。 症状がひどいときは、坐薬や軟膏などの外用薬を使いましょう。 ・乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。 ・症状がひどくないけど、悪化するのが心配な方や、で ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

痔みたいだけど、恥ずかしくて病院に行きたくない。 市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の ...

5

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

6

新型コロナウイルスのPCR検査が注目されていますね。どんな検査にも言えますが、PCR検査も100%的中する訳ではないので、医師は問診やCT検査などを総合的に判断して診断します。PCR検査は診断を下すた ...

-皮膚薬/虫よけ

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.