【花粉症】人口涙液で花粉を洗い流す

この記事は約2分で読めます。

人口涙液とは

人口涙液は、涙の成分に近い点眼薬です。

コンタクトレンズ装着時の目のかわきなどに使われます。




処方箋医薬品の人口涙液

処方箋医薬品では、人口涙液マイティア点眼液があります。

防腐剤のベンザルコニウム塩化物が入っています。

ベンザルコニウム塩化物はコンタクトレンズに吸着しやすい成分です。

使いすぎると、角膜障害が起こることがあります。

 

市販の人口涙液

ソフトサンティアロートソフトワンなどがあります。

こちらには、ベンザルコニウム塩化物が配合されていません。

そのため、眼科医はこれらの点眼薬を購入するよう指導することがあります。




花粉症に使用される

花粉が目に入ると、花粉が破裂します。

花粉が破裂することで、花粉の中の成分が放出されます。

放出された花粉の成分が、アレルギー反応を引き起こします。

花粉が破裂する前に洗い流すことが出来れば、アレルギー反応は起こりません。

そこで、人口涙液で花粉を洗い流すことが、花粉症に効果が期待されます




 

使いすぎに注意

花粉を洗い流せばいいのであれば、いくらでも使いたいところです。

ところが、防腐剤が含まれない目薬であっても、使いすぎには注意が必要です。

 

ムチンを洗い流してしまう

使いすぎると、目の表面を守っているムチンという成分を洗い流してしまいます。

 

涙の3層構造を乱す

涙は以下の3層構造になっています。

ムチン層

涙の土台となる層です。

涙がこぼれ落ちないようにしています。

水層

涙の主成分です。

涙腺から分泌されます。

油層

涙を覆い、涙の蒸発を防ぎます。

 

目薬を使いすぎると、涙の3層構造を乱し、逆に乾燥の原因になります。

防腐剤が含まれない目薬でも、用法用量を守るようにしましょう。

 

 

まとめ

  • 人口涙液は花粉を洗い流すことで、花粉症へ、の効果が期待されます。
  • 市販の人口涙液には、防腐剤が含まれないものがあります。
  • 防腐剤を含まないものでも使いすぎると乾燥の原因になります。