【喘息】アドエアはステロイドとβ刺激薬の相乗効果

この記事は約3分で読めます。

アドエアは気管支喘息治療で高い評価を得ている薬です。

気管支喘息とCOPDへの治療貢献度が高い薬を尋ねたある調査では、1位になっています。



アドエアとは

アドエアは、フルチカゾンとサルメテロールという2種類の有効成分を配合した吸入薬です。

この二つの薬は、それぞれ単独で吸入薬になっています。

アドエアはステロイド薬とβ2刺激薬を一つにしたことで利便性が向上しました。

 

フルチカゾン

フルチカゾンはステロイド薬で、気道の炎症を抑える効果があります。

フルチカゾン単体では、フルタイドという吸入薬として使用されています。

喘息治療では、ステロイド薬で気道の炎症を抑えることが重要です。

 

サルメテロール

サルメテロールはβ2刺激薬で、気管支を広げる効果があります。

サルメテロール単体では、セレベントという吸入薬として使用されています。

喘息では気道が狭くなることで、息苦しさや喘息発作が起こります。

サルメテロールは、気道を広げることで息苦しさや喘息発作を抑えます。



相乗効果

アドエアに配合されている二つの成分には、お互いの効果を高め合う相乗効果があります。

 

フルチカゾン

フルチカゾンなどのステロイド薬は、β2受容体を増やす効果があります。

それにより、β2刺激薬が効きやすくなります。

 

サルメテロール

ステロイドは、ステロイド受容体とくっつくいたあと、細胞の核に移動して作用します。

β2刺激薬は、ステロイドがステロイド受容体とくっついたあと、核に移動するのを助ける作用があります。

 

ステロイドとβ2刺激薬は、お互いの作用を強め合う相乗効果により、喘息症状に効果的に働きます。



別々の吸入器よりも効果的

2つの薬剤を別々の吸入器で吸入するよりも効果的です。

つまり、フルタイドとセレベントを使用するよりも、アドエアを使用する方が効果的という事です。

 

一つの吸入器にすることで相乗効果がより発揮されやすくなることが二重盲検試験で確かめられています。

 

2つの薬剤が同時に吸入されることで、気道の同じ部位に同時に沈着することで相乗効果を発揮しやすくなると考えられます。

 

まとめ

・アドエアは、フルチカゾンとサルメテロールという2種類の有効成分を配合した吸入薬です。

フルチカゾンはステロイド薬で、気道の炎症を抑える効果があります。

サルメテロールはβ2刺激薬で、気管支を広げる効果があります。

ステロイドとβ2刺激薬は、お互いの作用を強め合う相乗効果により、喘息症状に効果的に働きます。

アドエアなどの配合剤は、2つの薬剤を別々の吸入器で吸入するよりも効果的です。

 

参考資料:日経DI2007.5.17日本呼吸器学会雑誌3(2)2014