【睡眠薬】ルネスタは依存性の心配がいらない?

この記事は約3分で読めます。

ルネスタとは

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬には、アモバン、マイスリー、ルネスタがあります。

ルネスタはアモバンを改良して、アモバンの成分のうちの効果の高いものだけを取り出したものです。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは、ベンゾジアゼピン系と区別するための名前です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴は、ベンゾジアゼピン骨格があるという点と、GABAA受容体のベンゾジアゼピン結合部位に作用する点があります。

それに対し、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン骨格を持ちませんが、ベンゾジアゼピン結合部位に作用します。

構造はベンゾジアゼピン系ではないのに、ベンゾジアゼピン系のように作用するものが非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。



効き方

上記の通り、ルネスタはGABAA受容体ベンゾジアゼピン結合部位を刺激することによって効果を発揮します。
GABAA受容体は複雑な構造になっています。GABAA受容体には、GABAがくっつく場所とベンゾジアゼピンがくっつく場所があります。GABAがくっつくと、脳の活動が抑えられます。

さらに、ベンゾジアゼピン部位が刺激されると、GABAの効果が増して、さらに脳の活動が抑えられます。

不眠に効果

ルネスタの適用は不眠症のみです。
入眠と中途覚醒に効果があります。



依存性

海外の臨床試験で、依存性は見られませんでした。
翌朝に眠気が残る“持ち越し効果”も見られませんでした。長期間の服用で、薬の効きが悪くなることもありませんでした。さらに、薬を中止した時の離脱症状や、中止後に不眠がひどくなることもありませんでした。
こうしたことから、依存性が少なく安全性の高い不眠症治療薬とされています。

但し、長期連用により依存を生じることがあり得ます。GABAA受容体ベンゾジアゼピン部位を刺激するという作用を考えると、依存性が全くないとは言い切れません。

そのため添付文書には

「連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。」

という記載があります。

安全性が高いものの、依存や持ち越し効果が全くないとはいいきまれません。



副作用

主な副作用は、味覚障害と眠気です。
味覚障害は、36.3%と高い確率で生じています。
眠気は3.7%の頻度です。持ち越し効果もあることから、危険な作業を行わないよう注意が必要です。
添付文書には以下の記載があります。

本剤の影響が翌朝以降に及び、眠気、注意力、集中力、反射運動能力等の低下が起こることがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。

頻度は不明ですが、一過性前向性健忘、もうろう状態が生じることもあります。服用後、一時的にもうろうとして状態になり、その間の記憶をなくしてしまう恐れがあります。

 

まとめ

・ルネスタは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。
・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは、構造はベンゾジアゼピン系ではないのに、ベンゾジアゼピン系のように作用する薬です。
・海外の臨床試験では依存性、持ち越し効果が見られず安全性の高い睡眠薬に位置付けられています。
・GABAA受容体ベンゾジアゼピン部位に作用することから、依存性、持ち越し効果の心配が全くないわけではありません。
・副作用として、味覚障害、眠気、一過性健忘などが生じることがあります。

日経DI2012.3.22、インタビューフォーム、添付文書