【市販薬】ニキビにイブプロフェンが効く?

この記事は約4分で読めます。

外用のイブプロフェン

イブプロフェンピコノールは、消炎・鎮痛作用を有する非ステロイド系外用剤です。

イブプロフェンを外用薬に応用するために開発された薬で、抗炎症薬はイブプロフェンより強くなっています。

湿疹や帯状疱疹の炎症に効果があります。

さらに、イブプロフェンピコノールはニキビにも効果があります。

 

医療用では、スタデルム軟膏、スタデルムクリームがあります。

スタデルム軟膏には、ニキビの適応はありませんが、スタデルムクリームは尋常性痤瘡‐つまりニキビの適応があります。



ニキビへの効き方

毛穴に皮脂が詰まってできるものを面ぽうといいます。

面ぽうにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでニキビができます。

アクネ菌は普段から皮膚などにいる常在菌ですが、皮脂が詰まった面ぽうで増殖してしまいニキビを引き起こします。

 

イブプロフェンピコノールは面ぽうができるのを邪魔します。

ウサギを使った実験では、スタデルムクリームによって、面ぽうになった毛穴が大きくなるのを抑え、脂質を減少させました。

 

イブプロフェンピコノールは抗炎症作用があるため、赤いニキビに有効です。

非ステロイド性の抗炎症なので、ニキビ菌によって引き起こされた炎症を改善します。

 

 

 

イソプロピルメチルフェノールとの配合剤

イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌などに対する殺菌作用がある成分です。

市販薬では、イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノールの配合剤が販売されています。

 

イソプロピルメチルフェノールはニキビの原因となるアクネ菌などに対する殺菌作用があります。

 

イブプロフェンピコノールが面ぽうの生成と炎症抑え、イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌することで効果を発揮します。

二つの成分の効果が合わさることで、ニキビを改善していきます。

 

 

 

  • メンソレータムアクネス25メディカルクリームb

すぐに浸透し、べたつかないクリームです。

 

 

  • ペアアクネクリームW

すっと伸びて、ベタつかないクリームです。透明になるクリームなので目立ちません。

 

 

 

モアファイン アクネ

肌にやさしい弱酸性のクリームです。

 

 

 

まとめ

・イブプロフェンピコノールは、消炎・鎮痛作用を有する非ステロイド系外用剤で、イブプロフェンを外用薬に応用するために開発された薬です。

・イブプロフェンピコノールはニキビにも効果があります。

・イブプロフェンピコノールは面ぽうの生成を抑え、炎症を抑えることでニキビに効果を発揮します。

・市販薬では、アクネ菌などに対する殺菌作用があるイソプロピルメチルフェノールとの配合剤があります。

 

 

参考資料:添付文書、インタビューフォーム