【月経困難症】ホルモン製剤の作用機序

この記事は約4分で読めます。

月経困難症とは、月経期間中に起こる病的な症状のことです。

下腹部の痛み、腰痛、頭痛、吐き気、抑うつなどの症状が現れます。

 

機能性月経困難症と器質性月経困難症に分類されます。

 

機能性月経困難症

身体的な原因(病気)が存在しないにも関わらず、症状が出ます。

子宮の過度の収縮が原因と考えられます。

 

器質性月経困難症

子宮や卵巣の病気が原因です。

原因疾患としては、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などがあります。

 

 

 



 

月経とホルモン

月経には、4つのホルモンが関係しています。

卵胞刺激ホルモン、卵胞ホルモン、黄体形成ホルモン、黄体ホルモンが複雑に働いて月経が起こります。

 

それぞれのホルモンの働きと共に、月経の仕組みを解説します。

 

卵胞刺激ホルモン

卵胞刺激ホルモンは脳の下垂体から分泌されます。(性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の一つのです。)

黄体刺激ホルモンは、卵巣の中の卵胞を成熟させます。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵胞ホルモンーつまりエストロゲンは、成熟した卵胞から分泌されます。

卵胞ホルモンは、卵胞が成熟したことを伝えます。

また、子宮内膜を増殖させます。

 

黄体形成ホルモン

黄体形成ホルモンは、脳の下垂体から分泌されます。(性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の一つのです。)

黄体形成ホルモンの働きで、排卵が起こります。

 

排卵は、卵胞から卵子が飛び出すことです。

その後、卵胞は黄体という組織に変化します。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモンーつまりプロゲステロンは、黄体から分泌されます。

黄体ホルモンの作用で、子宮内膜の増殖が止まり、受精卵が着床する準備が整います。

 

その後、受精が成立しないと黄体ホルモンの分泌が止まり、子宮内膜がはがれて月経が起こります。

 

 



 

黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤

黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤は、月経困難症の治療に使われます。

ヤーズ配合錠、ルナベル配合錠、プラノバール配合錠、ジェミーナ配合錠、フリウェル配合錠などがあります。

 

ホルモンを補充することで、卵胞が成熟したという情報を脳に知らせることで、卵胞の成熟が抑えられます。

それにより排卵抑制、子宮内膜増殖抑制、子宮収縮抑制などの作用があらわれ月経困難症を改善します。

 

排卵抑制作用

下垂体に作用し、ゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンなど)の産生・分泌を抑制し、排卵を抑制します。

 

子宮内膜増殖抑制作用

子宮内膜組織を萎縮させることにより、子宮内膜の増殖を抑制させます。

 

子宮収縮抑制作用

このようにして、子宮内膜の増殖が抑制されると、プロスタグランジンがつくられるのを抑制されます。

その結果、子宮の収縮や神経刺激を抑制して痛みが抑えられます。

 

子宮内膜症

子宮内膜症では、炎症性サイトカインが炎症に関与しています。

合成黄体ホルモンはサイトカインの産生を抑制することで、抗炎症作用を発現していると考えられています。

 

 

まとめ

・月経困難症とは、月経期間中に起こる病的な症状のことです。

・卵胞刺激ホルモン、卵胞ホルモン、黄体形成ホルモン、黄体ホルモンが複雑に働いて月経が起こります。

・黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤は、卵胞が成熟したという情報を脳に知らせることで、卵胞の成熟が抑えられます。

 

 

参考資料:ジェミーナ配合錠インタッビューフォーム、生理のミカターバイエル薬品、黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤解説ー日経DI、ワタシにカラダ相談室ーモチダ製薬