【基礎薬学】ヘルパーT細胞

この記事は約1分で読めます。

ヘルパーT細胞とは免疫細胞の一種です。

ヘルパーT細胞にはいくつかの種類があります。
ヘルパーT細胞の代表的なものは、Th1細胞とTh2細胞です。

主な働きは以下の通りです。

 

Th1細胞

Th1細胞は、細菌などを撃退するのに重要な働きをします。

細菌などが浸入してきた部位で働いて、マクロファージを活性化したり、炎症反応を起こしたりします。

 

Th2細胞

Th2細胞はアレルギー反応に関与します。

Th2細胞が多い状態でアレルゲンが侵入してくると、B細胞からつくられるIgE抗体が増えます。

 

 

Th1/Th2バランス

Th1とTh2のバランスが、アレルギーに関係することが分かっています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

【免疫】L-92乳酸菌がアレルギーに効く?
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は花粉症に良いのでしょうか。乳酸菌の何が良いのでしょうか。乳酸菌の中でもL-92乳酸菌が注目されています。腸と体の免疫には密接な関係があり、アレルギー症状にも影響します。その中でも鍵になるのはヘルパーT細胞という免