感染症

【基礎薬学】ヘルパーT細胞

ヘルパーT細胞とは免疫細胞の一種です。

ヘルパーT細胞にはいくつかの種類があります。
ヘルパーT細胞の代表的なものは、Th1細胞とTh2細胞です。

主な働きは以下の通りです。

 

Th1細胞

Th1細胞は、細菌などを撃退するのに重要な働きをします。

細菌などが浸入してきた部位で働いて、マクロファージを活性化したり、炎症反応を起こしたりします。

 

Th2細胞

Th2細胞はアレルギー反応に関与します。

Th2細胞が多い状態でアレルゲンが侵入してくると、B細胞からつくられるIgE抗体が増えます。

 

 

Th1/Th2バランス

Th1とTh2のバランスが、アレルギーに関係することが分かっています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-感染症

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5