【基礎薬学】眼房水と緑内障

この記事は約1分で読めます。

眼房水には、角膜・水晶体・硝子体などの目の組織に栄養を送る役割があります。

 

眼房水は、眼の毛様体でつくられて、隅角、シュレム管を通って、静脈に流れ出ます。

隅角眼房水の出口です。

隅角が狭まるなど、何らかの理由で眼房水が多くなると眼圧が高くなってしまいます。

そのために、視神経などを圧迫して障害が起きる病気を緑内障といいます。