アレルギー

【基礎薬学】抗ヒスタミン作用

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。

免疫細胞からは、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質が出てきます。

ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっつくことでアレルギー症状を引き起こします。

 

 



 

抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体にくっつきます。

椅子取りゲームのようにヒスタミンより先に受容体にくっつくことで、ヒスタミンの邪魔をします。

それによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-アレルギー

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5