鼻炎・花粉症・アレルギー

【基礎薬学】抗ヒスタミン作用

2019年6月9日

花粉などアレルギーを引き起こすものが体に入ると、免疫細胞が反応します。

免疫細胞からは、ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質が出てきます。

ヒスタミンはヒスタミン受容体にくっつくことでアレルギー症状を引き起こします。

 

 



 

抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体にくっつきます。

椅子取りゲームのようにヒスタミンより先に受容体にくっつくことで、ヒスタミンの邪魔をします。

それによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えます。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

おすすめ記事

1

どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。 ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。 風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。 この ...

2

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

痔みたいだけど、恥ずかしくて病院に行きたくない。 市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の ...

5

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-鼻炎・花粉症・アレルギー

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.