【呼吸器】気管支拡張症の症状と治療薬

この記事は約2分で読めます。

気管支拡張症とは、気管支の壁が損傷を受けて、気管支が広がったまま元に戻らない状態になる病気です。

 

先天的な原因や子供のころの肺炎、感染を繰り返すことで、気管支の壁が壊れたり弱くなったりします。

 

壊れた気管支の部分に細菌やカビが繁殖することでさらに悪化してしまいます。

気管支の炎症が起こった部分に血管が増えるために、出血が起こることがあります。(喀血)

 

症状

痰や咳などが主な症状です。

肺炎を起こしやすくなります。

痰に血が混じる血痰や、気道の炎症部位の出血(喀血)が起こることがあります。

 

 

治療

マクロライド系抗菌薬痰をさらさらにしてスムーズに出す薬などが使用されます。

感染が起こってる場合は抗菌薬で感染を抑える治療します。

出血をひどい具合はカテーテルからゼラチンを注入して血管を詰めて出血を止める治療などが行われます。

 

まとめ

・気管支拡張症とは、気管支の壁が損傷を受けて、気管支が広がったまま元に戻らない状態になる病気です。

・治療には、主にマクロライド系抗菌薬痰をさらさらにしてスムーズに出す薬などが使用されます。

 

 

参考資料:一般社団法人日本呼吸器学会ホームページ