ノイラミニダーゼ阻害薬とは

この記事は約1分で読めます。

ノイラミニダーゼ阻害薬とは、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。
タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタがあります。

 

 

ノイラミニダーゼ阻害薬の作用

ウイルスは、ヒトの細胞に侵入すると細胞内の機能を利用して増えていきます。こうして増殖した新しいウイルスは、細胞から外に出て別の細胞に侵入して増殖を繰り返していきます。増殖したウイルスが細胞から放出される際に、ウイルスが持っているノイラミニダーゼという酵素が働きます。これによって、ウイルスは細胞から離れて他の細胞へと感染することができます。

ノイラミニダーゼ阻害薬は、細胞の中でインフルエンザウイルスのノイラミニダーゼとくっつきます。その結果、ノイラミニダーゼが働かなくなりウイルスは細胞から離れることができなくなります。その結果、ウイルスの増殖が抑えられていきます。