食洗機は安いものでOK【メリットは時短】【デメリットはうるさい】

この記事は約3分で読めます。

2年前に食洗器を買いました。今となってはなくてはならない物です。

料理や家事をよくやりますが、食器洗いにかなり時間を取られていました。食洗器を買ってからは、食器洗いの時間がほぼ0なので、時間をお金で買ったという感じです。

安いものを購入したからでもありますが、少しうるさいです。食洗器が動作しているときに音楽を楽しむのは無理かなという感じです。

この記事では食洗器を使った感想を紹介します。

メリットは時短になることです。
デメリットはうるさいことです。

 

安い食洗器でOK

小さくて乾燥機能もない安い食洗器で十分です。理由は、食器洗いは急がないからです。

2年前に安い食洗器を購入しました。購入した食洗器はパナソニック 食器洗い機「プチ食洗」(3人用・食器点数18点) NP−TCB4−W (ホワイト)です。

3人家族にしては小さめです。一度の食事の食器が入りきらないかなという感じです。友達が来た後は3回くらい動かして洗い終わります。

安い食洗器で十分かなと思っています。理由は、食器洗いは急がないからです。使い終わった食器を洗うので、すぐに洗い終わる必要がないですね。

乾燥機能も必要ないです。その理由も急がないからです。すぐに乾かなくても問題ないです。

 

 

メリットは時短

メリットは時短になることです。

食洗器は初期投資として購入費用が掛かりますが、十分回収できると考えています。理由は食器洗いの時間がほぼ0になるからです。時間をお金で買ったという感じです。

1日に30分食器洗いをしていたとすると1年で180時間以上を食器洗いに費やしていたことになります。主婦の時給が900円だとすると、16万2000円になります。16万円に相当する時間を4~5万円で買えるのですから、かなり良い買い物だと思います。

それだけ、時間にも気持ちにゆとりができました。家族の時間も増えたことになります。4~5万円は毎日30分副業していけば回収できます。

 

デメリットはうるさい

食洗器の音はうるさいです。

食洗器を稼働させていると、リビングにまで音が響きます。音楽を楽しむのは無理かなという感じです。安い食洗器を買ったからだとは思うので、気になる方は少し価格の高めのものを検討することをおすすめします。

でも、食洗器の音もうまく対処できます。食後にすぐに使わなければいいんです。寝るときや、出かけるときに食洗器を動かすようにしています。寝るときにスイッチを入れれば、朝起きた時には食器がきれいになっています。出かけるときにスイッチを入れれば、帰宅する時にはきれいになっています。

食洗器の音は気になりますが、うまく使えば問題ないですね。なので、食洗器は安い物で十分だと思います。

 

まとめ

食洗器は小さくて乾燥機能もない安い食洗器で十分です。理由は、食器洗いは急がないからです。

食洗器のメリットは時短になることです。デメリットはうるさいことです。

 

 

↓水道につなげる分岐水栓を一緒に購入しました。*分岐水栓は自宅に水栓の型に合ったものを購入する必要があります。こちらのサイトで確認できます。