知育

3才からできるカードゲーム【キンダーメモリーはイラストだけの神経衰弱】

家族でトランプをやろうと思っても、小さい子には難しいですね。キンダーメモリー(神経衰弱)は、イラストだけの神経衰弱なので小さい子供から楽しめます。

・キンダーメモリーは、イラストだけの神経衰弱です。
・最初は少ない枚数で始めてみましょう。

知育玩具で遊ばせたい

知育玩具は、知能の発達に役立つおもちゃのことです。Wikipediaによると以下の通りです。

知育玩具(ちいくがんぐ)は、幼児児童が知能的発達を促進する玩具、または幼児や児童の学習の助けになる玩具の事である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

子供と遊ぶなら知育玩具がいいですよね。遊びながらいろんなことを学ばせたいです。

キンダーメモリー神経衰弱は、イラストだけのカードで神経衰弱ができます。大人も十分楽しめますよ。

 

イラストだけの神経衰弱です

カードゲームは頭を使うので、子供と一緒にやりたいですよね。カードゲームといえばトランプやUNOですね。でも、小学生くらいにならないと難しいです。

「イラストだけのカードゲームで神経衰弱ができたら良さそう」と思いネットで探したら、願ったり叶ったりのカードゲームがありました。それが、キンダーメモリー(神経衰弱)です。

イラストの内容は、「果物」「乗り物」「生き物」などの33種類です。合計66枚のカードで神経衰弱ができます。トランプだと子供には退屈ですが、キンダーメモリー(神経衰弱)だと飽きずに楽しめます。

 

3才くらいからできます

キンダーメモリー(神経衰弱)は、ゲーム自体は神経衰弱なので大人も楽しめます。家族みんなが楽しめるのでおすすめです。

小さい子供でも、3才くらいから遊べます。少ない枚数から始めて、徐々に枚数を増やしていきましょう。最初は6枚くらいから始める良いかもしれないですね。

 

まとめ

知育玩具は、知能の発達に役立つおもちゃです。

キンダーメモリー(神経衰弱)は、イラストだけの神経衰弱です。

最初は少ない枚数で始めてみましょう。

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-知育

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5