第一類/要指導医薬品

膣カンジダ市販薬の比較【病院でも処方されるランキング】

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。

膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療用医薬品です。

 

✔膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。
✔カンジダ菌などの真菌は細菌に使用する抗生物質は効果がなく、治療には専用の抗真菌薬が必要です。
✔膣カンジダ市販薬の効果に大きな差はありませんが、医師の処方頻度を参考に選ぶことができます。
膣カンジダの原因と治療薬の比較【市販薬の比較】

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

続きを見る

 

カンジダ菌とは

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種です。真菌は微生物の中では大きいサイズで、細菌より大きくヒトの細胞より小さいくらいの大きさです。

細菌に使用する抗生物質は効果がなく、治療には抗真菌薬という薬が必要です。

 

膣カンジダ市販薬

抗真菌薬は、軟膏、クリーム、膣坐剤などの外用薬が市販されています。内服の抗真菌薬は市販されていません。

ちなみに、カンジダ菌も真菌の一種なので、膣カンジダ薬も抗真菌薬です。市販薬の場合、水虫薬と膣カンジダ薬は区別されているので、それぞれ専用の薬を使う必要があります。

膣カンジダ薬の選び方

膣カンジダ薬の選び方の一つとして、医師がよく処方するものがおすすめです。市販の膣カンジダ薬はスイッチOTCと呼ばれるものです。つまり、もともと医師の処方のもとに使われてきた薬です。その中でも、医師が多く処方しているものがあります。

医師がよく処方する抗真菌外用薬

以下のデータは最近の外用抗真菌薬の処方ランキングです。

このランキングに入っているもののうち、膣カンジダ薬として市販されているものを*印で示しています。

1位テルビナフィン

2位ケトコナゾール(ニゾラール他)

3位ルリコナゾール(ルリコン他)

4位ビホナゾール(マイコスポール他)

5位ラノコナゾール(アスタット他)

6位クロトリマゾール(エンペシド他)*市販薬ではエンペシドL

7位エフィナコナゾール(クレナフィン)

8位ミコナゾール硝酸塩(フロリード他)*市販薬ではメディトリート

9位アモロルフィン(ペキロン)

10位ネチコナゾール塩酸塩(アトラント)

11位イソコナゾール硝酸塩(アデスタン他)*市販薬ではフレディCC

12位リラナフタート(ゼフナート)

13位ブテナフィン塩酸塩(ボレー、メンタックス他)

14位トルナフタート(ハイアラージン)

 

医師も処方するOTC膣カンジダ薬ランキング

以上のデータを整理すると、市販薬で医師がよく使用するものは以下の通りです。

”医師も処方する市販の膣カンジダ薬ランキング”です。

1位エンペシドL

成分名は、クロトリマゾールです。クロトリマゾールは、医療用ではエンペシド、エルシドなどに配合されています。

 

2位メディトリート

成分名は、ミコナゾールです。ミコナゾールは、医療用ではフロリードなどに配合されています。

 

3位フレディCC

成分名は、イソコナゾールです。イソコナゾールは、医療用ではアデスタンなどに配合されています。

 

4位フェミニーナ膣坐剤

成分名は、オキシコナゾールです。オキシコナゾールは、医療用ではオキシコナゾール、オキナゾールなどに配合されています。上記の「医師が処方する抗真菌外用薬」では、ランク外でした。

まとめ

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。

カンジダ菌などの真菌は細菌に使用する抗生物質は効果がなく、治療には専用の抗真菌薬が必要です。

市販の膣カンジダ薬を”医師がよく処方する順”にランキングにすると、1位エンペシドL、2位メディトリート、3位フレディCC、4位フェミニーナ膣カンジダ錠になります。

参考資料:日経DI2019/2/16

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-第一類/要指導医薬品

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5