アレルギー アレルギー薬

コスパがいい花粉症市販薬は?【薬剤師が種類ごとに解説します】

コスパも良くて、ちゃんと効く花粉症薬はないかしら?

花粉症の市販薬もかなり種類がありますね。医療用の薬も市販薬になっていますが、その中でも”市販のジェネリック医薬品”はコスパもよくておすすめです。

花粉症の治療

花粉症の治療には、飲み薬の抗ヒスタミン薬を使います。鼻の症状がつらい場合には点鼻薬、目の症状がつらい場合には目薬もあります。

症状に応じて使い分けましょう。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。

第一世代抗ヒスタミン薬

第一世代抗ヒスタミン薬は古くから使われています。しっかり効きますが、眠くなったり喉が渇いたりするなどの副作用が出ることがあります。

ストナリニSには、第一世代抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンが配合されています。鼻詰まりを改善するフェニレフリンも配合されています。フェニレフリンは交感神経を刺激して血管を収縮させることで、鼻の粘膜の腫れを解消します。

 

第二世代抗ヒスタミン薬

おすすめなのは第二世代抗ヒスタミン薬です。アレグラFX、アレジオン20、ストナリニZなどがあります。

アレグラFX

アレグラFXの成分はフェキソフェナジンです。病院でもよく使用される薬です。第二世代抗ヒスタミン薬なので、脳に移行しにくく眠くなりにくい薬です。

1日に2回服用する必要がありますが、症状によって調節しやすいので人気があります。

 

アレルビ

アレグラFXと同成分でコスパがいいのがアレルビです。広告宣伝費がかかっていないので、かなり安く購入できます。

 

【安い】アレグラFXと同成分の市販薬【価格を比較】

日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。アレグラは、眠気が出にくいため最も使われている抗ヒ ...

続きを見る

 

アレジオン20

アレジオン20の成分は、エピナスチンという第二世代抗ヒスタミン薬です。医療用でも、よく使用されています。

効果が持続すので、1日1回で効くのが利点です。

 

 


ポジナールEP

ポジナールEPはアレジオン20と同成分の抗ヒスタミン薬です。広告宣伝費がかかっていないので、かなり安く購入できます。

 

アレジオン20と同成分の市販薬を比較【ポジナールEPが安い】

  日本ではおよそ2500万人が花粉症と言われています。2月~4月ごろまでがスギ花粉の飛散する時期です。花粉症の方の多くが服用するのが抗ヒスタミン薬です。アレジオンは、眠気が出にくいため最も ...

続きを見る

 

ストナリニZ

ジルテックと同成分のセチリジンを配合しています。セチリジンも第二世代抗ヒスタミン薬なので、眠くなりにくい成分です。

ストナリニZも、効果が持続するので1日1回の服用でOKです。

 

 

点鼻薬

鼻水や鼻づまりなど、鼻の症状がひどい時は点鼻薬もおすすめです。特にステロイド点鼻薬が効果的です。ステロイド点鼻薬は、欧米では最初に使う鼻炎薬です。鼻炎の原因である炎症を抑えるので効果的なんです。しかも、ステロイド点鼻薬は体への影響がほとんどありません。

 

ナザールαAR

ナザールARに配合されているのはベクロメタゾンというステロイドです。ベクロメタゾンは鼻で効果を発揮した後、副作用が起こりにくい形に変化する性質を持ちます。そのため、全身への影響が少なくなっています。

体に影響しない形に変化するので体への影響が少なくなっています。

 

 

おすすめしない点鼻薬

市販のステロイド点鼻薬には、血管収縮薬を配合している場合があるので注意が必要です。血管収縮薬の使用はあまりおすすめできません。血管収縮薬についてはこちらの記事をご覧ください。

【鼻炎】点鼻薬の正しい使い方ー血管収縮剤に注意

目次1 ナファゾリンとは1.1 鼻づまり1.2 鼻づまりを改善2 市販薬にも多く使用されています3 長期使用に注意4 まとめ ナファゾリンとは ナファゾリンは点鼻薬に使用される成分です。 一時的に鼻づ ...

続きを見る

 

目薬

花粉症の目薬には、ヒスタミンの働きを邪魔する抗ヒスタミン薬だけでなく、ヒスタミン自体を減らすケミカルメディエーター遊離阻害薬が配合されています。

アルガードクリアブロック

アルガードクリアブロックには、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されています。ヒスタミンの働きを邪魔してアレルギー症状を抑えます。

クロモグリク酸ナトリウムというケミカルメディエーター遊離阻害薬も配合されています。ヒスタミンなどのアレルギーの原因となる化学伝達物質の放出を抑えます。

 

 

Amazonの目薬

AmazonブランドのマリンアイAL にも、クロルフェニラミンマレイン酸塩とクロモグリク酸ナトリウムの2種類が配合されています。ヒスタミンの働きを邪魔するだけでなく、ヒスタミンなどのアレルギーの原因となる化学伝達物質の放出を抑えます。


おすすめしない目薬

目薬にも、血管収縮薬が配合されているものがあります。テトラヒドロゾリン、ナファゾリン、フェニレフリンなどの成分が血管収縮薬で、一時的に血管を収縮させて充血などを取ります。原因となっている炎症を抑えるわけではないので、あまりおすすめしません。

血管収縮薬配合の目薬は安く販売されています。充血が取れるため、よく効くように感じますがおすすめしません。
【市販薬】目薬の選び方④アレルギーの目薬

目のかゆみは、結膜の炎症によって生じます。 結膜とは、まぶたの裏側と白目を覆っている粘膜のことです。 結膜の炎症は、アレルギー反応によって起こります。     [ad] 目次1 目 ...

続きを見る

まとめ

花粉症の飲み薬としては、第二世代抗ヒスタミン薬がおすすめです。その中でも、アレグラFXが良く使われる薬です。アレグラFXと同成分のアレルビはコスパも良くておすすめです。

 

 

 


*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-アレルギー, アレルギー薬

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5