鼻炎・花粉症・アレルギー

【鼻炎】点鼻薬の正しい使い方ー血管収縮剤に注意

2019年2月8日

ナファゾリンとは

ナファゾリンは点鼻薬に使用される成分です。

一時的に鼻づまりを改善する目的で使用されます。

 

*医療用ではプリビナがあります。

*市販薬ではナザールなど、鼻詰まりの点鼻薬によく使用されています。

 

 

 

鼻づまり

アレルギーなどにより、鼻の粘膜が腫れて鼻の通り道が狭くなることがあります。
鼻の粘膜の腫れと、鼻水によって鼻づまりになってしまいます。

 

鼻づまりを改善

ナファゾリンは、血管を収縮させて充血を取ることによって鼻づまりを改善させます。

具体的には、アドレナリンα1受容体を作動することによって、血管を収縮させることによって効果を発揮します。

 



 

 

市販薬にも多く使用されています

ナファゾリンは、市販の点鼻薬の多くに配合されています。
速やかに効果を発揮して、鼻づまりが楽になります。

 

 

長期使用に注意

よく使用される薬ですが、用法用量を守ることが大切な薬です。

ナファゾリンの医療用医薬品は、プリビナといいます。
プリビナの添付文書の「重要な基本的注意」には以下の記載があります。

 

 

連用又は頻回使用により反応性低下や局所粘膜二次充血を起こすことがあるので、急性充血期に限って使用するか、又は適切な休薬期間をおいて使用する。

 

 

使いすぎると薬が効きにくくなる、という事です。

 

そして、二次充血が生じてしまいます。

つまり、使いすぎると充血が再発して、再び鼻づまりが生じてしまいます。

 

 

まとめ

・ナファゾリンなどの血管収縮薬は、速やかに鼻づまりを改善してくれます。
・でも、使いすぎると逆に鼻づまりが悪化してしまいます。
・使用する場合は、一時的な症状改善のためにしようしましょう。
・できるだけ、血管収縮薬の入っていない、抗アレルギー薬やステロイドの点鼻薬をおすすめします。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

  コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-鼻炎・花粉症・アレルギー

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.