【花粉症】アレルギーの薬はいつから飲み始める?

この記事は約5分で読めます。

花粉症の時期になると、アレグラ、アレジオンなどのアレルギーの薬を飲む方が多くなります。

多くの方が服用するアレルギーの薬は、ほとんどが第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。

 

これらの薬は、アレルギーが始まる前に服用を始めた方がいいのでしょうか?

答えは、「はい」です。

アレルギーが始まってから服用しても効果を発揮しますが、それよりも前に服用を始めた方が効果的です。

では、アレルギー症状が治まっても服用した方がいいのでしょうか?

答えは「はい」です。

アレルギー症状が治まっても服用を続けた方が効果的です。

つまり、アレルギー反応が出ていないときにも服用したほうがいいということです。

その理由を解説します。

 

抗ヒスタミン薬の作用

抗ヒスタミン薬の作用は、ヒスタミンの受容体をふさぐ作用です。

 

ヒスタミンは、アレルギー物質が体に入ってきたときに、免疫細胞から大量に放出されます。

放出されたヒスタミンが、ヒスタミン受容体にくっつきます。

その結果、鼻水やかゆみなどのアレルギー反応を引き起こすのです。

 

 

 

このヒスタミンの働きを抑えるのが、抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体をふさいで、ヒスタミンの働きを抑えます。

その結果、アレルギー反応が治まります。

 

 



 

 

椅子取りゲーム

抗ヒスタミン薬の作用は椅子取りゲームに例えることができます。

”ヒスタミン”チーム vs ”抗ヒスタミン薬”チーム の椅子取りゲームです。

 

ヒスタミンチームが優勢になって、椅子に座っていくと、アレルギー反応が起こります。

これが、大量のヒスタミンが椅子ーつまりヒスタミン受容体にくっついている状態です。

 

抗ヒスタミン薬チームが優勢になれば、アレルギー反応が治まります。

抗ヒスタミン薬が椅子ーつまりヒスタミン受容体をふさいで、ヒスタミンの働きを邪魔している状態です。

 



 

 

インバースアゴニスト(逆作動薬)

第二世代抗ヒスタミン薬の作用は、ヒスタミン受容体をふさぐだけではないことが分かっています。

インバースアゴニストとしての作用があります。

 

ヒスタミン受容体には活性型不活性型があり、両者の間で平衡状態が保たれています。

そして活性型の方は、ヒスタミンが結合していなくても微妙に活性があります。

 

抗ヒスタミン薬は不活性型のヒスタミン受容体に結合することにより、平衡が不活性型にずれていくことになります。

つまり、不活性型のヒスタミン受容体が多くなり、活性型のヒスタミン受容体が少なくなります。

その結果、抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体の働き自体を弱めます。

 

そのため、ヒスタミンが少ない状態の時からーつまり早めに抗ヒスタミン薬を服用すると効果的です。

 

 

椅子をひっくり返す?

インバースアゴニストの作用を、先ほどの椅子取りゲームで説明します。

”ヒスタミン”チーム vs ”抗ヒスタミン薬”チーム の椅子取りゲームです。

 

抗ヒスタミン薬は、椅子を取るだけではなく、なんと椅子をひっくり返すという反則技に出ます。

抗ヒスタミン薬が椅子をひっくり返して、ヒスタミンが座れないようにします。

座れる椅子自体が減っていきます。

つまり、活性のあるヒスタミン受容体自体を減らしていくのです。

 

椅子を”ふさぐ”だけでなく”ひっくり返す”作用によってヒスタミンの作用を抑えます。

そして、ヒスタミンが登場する前に椅子をひっくり返してしまえば、抗ヒスタミン薬はさらに優勢になります。

つまり、早めに服用を開始すれば効果的だといえるのです。

さらに、アレルギーが治まっているときにも服用した方が効果的です。

ヒスタミンがいない間に椅子をひっくり返してしまえばいいわけです。

 

ヒスタミン受容体が不活性化します

 

 


ヒスタミン受容体が不活性化したため、ヒスタミンがくっつけません



まとめ

・抗ヒスタミン薬は、早めに服用した方が効果的です。

・それは、ヒスタミンの働きを弱めるだけでなく、ヒスタミン受容体の働きを弱めるからです。

・椅子取りゲームで言えば、椅子を取るだけでなく、椅子をひっくり返すという反則技を使っているということです

・受容体を100%不活性化するわけではありませんが、早めに服用を開始することで効果が高まります。