皮膚

【手荒れ】手洗いやアルコール消毒が原因の手荒れの対策

新型コロナウイルス対策で手洗いやアルコール消毒をしているために、手荒れに悩まされる人が増えています。

手洗いとアルコール消毒で手が荒れてる
手の皮脂が失われてるからですよ。

頻繁に保湿するようにしましょう。

・手洗いを繰り返すと、皮脂が失われて水分が蒸発しやすくなり手が乾燥します。
・アルコールと一緒に水分が蒸発するので、さらに手が乾燥します。
・ハンドクリームを頻繁に使って乾燥を防ぎましょう。皮脂を補う白色ワセリン、保湿成分のヘパリン類似物質が効果的です。

 



手洗いが原因で手荒れになる

手洗いを繰り返すと、皮脂が失われて水分が蒸発しやすくなり手が乾燥します。

皮膚には、皮脂と角質、角質の間にあるセラミド類によるバリア機能があります。

石鹸で手を洗うと、雑菌やウイルス、汚れを取り除けますが、一緒に皮脂も洗い流してしまいます。皮脂が流されても、ふつうは数時間で回復します。

でも、新型コロナウイルス対策で頻繁に手を洗っていると、皮脂が回復する前に流されてしまいます。そのため、皮膚を覆っている皮脂がなくなってしまいます。

さらに、皮脂の下には角層がありますが、皮脂がなくなると角層の隙間にある皮脂も失われていきます。そうなると、角層から水分が蒸発してしまいます。角層にある保湿成分も失われ、皮膚が乾燥していきます。

 

アルコール消毒で乾燥する

アルコールと一緒に水分が蒸発するので、さらに手が乾燥します。

新型コロナウイルス対策で、アルコール消毒を頻繁にしていると、アルコールが揮発する時に水分も蒸発していきます。アルコール消毒をすると手の乾燥が進み、手荒れがひどくなってしまいます。

乾燥が進むと皮フは刺激に弱くなり、炎症が起こりやすくなります。アレルギーがある人は、普段よりアレルギー反応が起こりやすくなります。

 

手荒れ対策

手荒れ対策として、アルコールをうすめたり、手洗いの回数を減らしたりしないようにしましょう。特に、アルコールを薄めると消毒効果がなくなってしまいます。

ハンドクリーム

手洗いとアルコール消毒を繰り返すと、どんどん水分が失われていきます。こまめに保湿剤を使って水分を逃がさないようにしましょう。ハンドクリームを頻繁に使って乾燥を防ぎましょう。

 



白色ワセリン

手の乾燥を抑えるためには、白色ワセリンが効果的です。白色ワセリンは失われた皮脂を補充して水分の蒸発を防ぎ、皮膚を保護してくれます。

プロペトピュアベールは不純物をカットした白色ワセリンです。

 

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質には角質水保持増強作用があります。たくさんの親水基がくっついているため高い保湿効果があります。薬用ヘパリッチ クリーム(30g)などは、ヘパリン類似物質の保湿効果を利用した医薬部外品です。

手荒れには、白色ワセリンと一緒に使用するのが効果的です。ヘパリン類似物質で保湿して、白色ワセリン水分の蒸発を防ぐことができます。

 

 

抗菌薬

皮膚が乾燥してカサカサになる(落屑)と、細菌が増殖しやすくなります。角層に隙間ができバリア機能が低下するために細菌が定着してしまうことがあります。細菌の増殖を抑える抗菌薬が効果的です。

ドルマイコーチ軟膏などの、抗菌薬とステロイドが配合された市販薬があります。抗菌薬が最近の増殖を防ぎ、ステロイドが炎症を抑えます。ドルマイコーチ軟膏には白色ワセリンが配合されているので、皮脂の補充にもなるためおすすめです。

 

 

ステロイド外用薬

ドルマイコーチ軟膏にも配合されていますが、ステロイドは炎症を鎮める作用があります。炎症がひどい時に一時的に使用しましょう。

ステロイドは炎症を抑えると共に、細胞の成長を抑えてしまいます。そのため、使いすぎると皮膚が薄くなってしまうことがあります。ステロイドは長期間は使わないようにしましょう。

 

まとめ

・手洗いを繰り返すと、皮脂が失われて水分が蒸発しやすくなり手が乾燥します。
・アルコールと一緒に水分が蒸発するので、さらに手が乾燥します。
・ハンドクリームを頻繁に使って乾燥を防ぎましょう。皮脂を補う白色ワセリン、保湿成分のヘパリン類似物質が効果的です。

 

\ヘパリン配合のハンドクリーム/
【NALC薬用ヘパリンハンドクリーム】

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-皮膚

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5