【排尿障害】男性の尿もれは病気?対策は?

この記事は約2分で読めます。

男性の尿漏れ

トイレに行ったあと、尿が漏れてしまうという経験はありますか。

もしかしたら、これは病気なんじゃないか?と思った事がありますか。

でも、実は健康な男性に良く起こる現象です。




排尿後のちょい漏れ対策

この現象は、排尿後滴下と呼ばれます。

男性の尿道の構造上、排尿後に尿が残ってしまう事があります。

男性の尿道は女性に比べて長く、途中のところに尿が残ってしまうんです。

残った尿がふとした拍子に漏れ出てくるわけです。

 

おしっこをした後、会陰部を押すことで残った尿を出し切るようにします。

残った尿を出しきるイメージで、陰茎の根本の下の辺りを押してみましょう。

これだけでかなり改善するはずです。




男性用尿漏れパッド

それでも、尿漏れが気になる場合はどうしたらいいのでしょう。
最近は男性用の尿漏れパッドなんかもあります。

 

 

 

男性用尿漏れパンツ

でも、買いに行くのも恥ずかしいし、スーパー銭湯で誰かに見られたら嫌ですね。

そんな方は、尿漏れパンツがいいかもしれません。
見た目は普通のパンツなのに、尿をしっかり吸収してくれる優れものです。




尿漏れで考えられる病気

それでも良くならない、あるいはこの程度の対策ではどうにもならない場合、病気が隠れている可能性はあります。

考えられる病気としては、過活動膀胱、前立腺肥大などがあります。

 

過活動膀胱

過活動膀胱は、意識していない時に膀胱が収縮して尿が漏れてしまう病気です。

 

前立腺肥大

前立腺肥大は、中高年の男性に多い病気です。

尿道を取り囲む位置にある前立腺が肥大することで、尿道を圧迫します。

その結果、尿が出にくい、排尿後に漏れるなどの症状が現れます。

 

 

まとめ

・男性の軽い尿漏は、大抵の場合は病気ではなくて簡単な対策でなんとかなります。

・排尿障害の場合は病院での治療が必要になります。