【整形外科】手根管症候群は神経の圧迫によって生じる病気-原因と治療法は?

この記事は約2分で読めます。

手根管症候群の患者さんが来られました。

手のしびれ、痛みが症状の病気です。

一緒に仕事をしていた、50代の女性薬剤師も、以前に手根管症候群の疑いがあったらしい。

 

手根管症候群とは

手の痛み、しびれが症状です。

特に、小指以外の指に痛みとしびれが出ます。

手根管とは、手首にある、骨とじん帯でできたトンネルのことです。

その中を、神経と腱が通っています。

このトンネルの中のむくみなどによって、神経が圧迫されると、指に痛みやしびれが生じます。

 

ポイント

  • 手根管とは手首にあるトンネル
  • 手根管内の神経が圧迫されることで、痛みやしびれが生じる

 

どんな人がなるの?

基本的には原因不明です。

妊娠、出産期の女性や更年期の女性が多い。女性のホルモンバランスが乱れる頃に多いようです。

透析患者にも多く生じます。

腫瘍や出来物が原因とみられるケースもあります。

骨折などの怪我をしたときに生じることもあります。

 

治療

対症療法を続けるか、手術による治療が基本です。

対症療法

以下の薬を使用した対症療法が基本です。

  • 飲み薬(痛み止め、ビタミンB12など)
  • 塗り薬(痛み止など)
  • 安静(運動を控える、固定するなど)
  • 注射(炎症を抑える薬)

手術

難治性のものなどは手術が必要になります。

内視鏡を用いた手術など、大きな皮膚切開が不要なものが主流となっています。