【肝臓】肝機能検査値まとめ

この記事は約1分で読めます。

 

この記事の内容

AST(GOT)

基準値は30以下です。

ASTは肝臓、心臓、腎臓に多く存在する酵素です。

肝臓の細胞が壊れると、細胞の外に出てしまい、血液検査の数値が上がります。

肝臓以外にも存在する酵素なので、肝臓以外に原因がある場合があります。

 

主な疾患

  • ウイルス性肝障害
  • アルコール性肝障害
  • 非アルコール性脂肪肝
  • 肝硬変

 

ALT(GPT)

基準値は30以下です。

ALTは、特に肝細胞にある酵素です。

肝細胞が壊れると、細胞の外に出てしまい、血液中に流れ出て血液検査の数値が上がります。

 

主な疾患

  • ウイルス性肝障害
  • アルコール性肝障害
  • 非アルコール性脂肪肝
  • 肝硬変

 

γ-GTP

基準値は50以下です。

肝細胞や胆汁中に多く存在しています。

アルコール、過食、ある種の薬剤で上昇する。

 

主な疾患

  • アルコール性肝障害
  • 脂肪肝
  • 胆汁うっ滞
  • 原発性胆汁性肝硬変
  • 胆石症
  • 胆管閉塞

 

参考資料:よく分かる!肝機能ナビ|田辺三菱製薬