【薬剤師の転職】調剤併設型ドラッグストアへ転職

この記事は約3分で読めます。

 

 

私は2回の転職経験があります。30台半ばの薬剤師で転職2回は平均的だと思います。

 

最初は調剤薬局

新卒で働いたのは、一般的な調剤薬局です。

内科、小児科の門前薬局で働きました。

 

ドラッグストアで働くことも考えましたが、まずは調剤の経験を積むことが将来的に役立つと考えました。

診療所の医師や看護師と接することも多く、勉強になりました。

勉強会は診療所と合同で行われ、具体的な患者さんの名前を挙げながら勉強会が行われました。

医師が処方を決定する様子を見たことが勉強になりました。

 

ドラッグストアへ転職

OTC薬にも関わりたいと思っていましたので、ドラッグストアへ転職しました。

正直なところ、門前薬局の仕事が単調に感じられたことも理由になっています。

 

ドラッグストアに転職しましたが、3ヶ月後には配属先が調剤薬局をオープンしました。

OTCが希望だったので、複雑な気持ちでしたが、薬局のオープンに関われたのはいい経験でした。

 

駅前の店舗でしたので、次第に様々な処方箋が来るようになりました。

門前薬局では経験できない様々な処方に触れてることができました。

処方箋枚数が増えても、OTC薬の業務は続きましたので、仕事はきつくなってきました。

他社のドラッグストアに転職

今回は、また調剤を中心に働きたいと思い、転職しました。

結果的には、またドラッグストアになりましたが、調剤併設店で、ほとんど調剤のみの業務になっています。

 

また今までにない処方に接することができています。

きちんとした薬歴を書く方が多く、私の薬歴も改善されてきました。

 

 

思うことは

2回の転職経験で思うことは、薬剤師の転職はプラスになるということです。

調剤薬局とドラッグストアでは業務内容が違います。

また同じ業務内容でも、処方内容は場所によって違います。

薬剤師としての幅が広がるように思います。

 

転職サイト

ここからは、特に利用者の多い転職サイトをピックアップします。

1.薬キャリ



よく目にするサイトではないでしょうか。エムスリーキャリア株式会社の運営するサイトです。私も利用していますが、医療サイトのm3.comからは最新の医療情報を得ることができます。

求人情報数は、業界最大級の3万件以上を誇ります。薬剤師専門のサイトで、病院や調剤薬局の求人に強いのが特徴です。大手のサイトですが、地域専任のキャリアコンサルタントがいて様々な薬局を網羅しています。紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能です。

 

2.マイナビ薬剤師




「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの 株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職サイトです。

こちらも業界最大級の5万件以上の求人情報件数を誇ります。5年連続で「利用者満足度No.1」を売りにしています。(2017年11月の調査)全国の薬局を地域情報込みでシステム化していて、希望に合った求人が見つけやすくなっています。

薬剤師のみならず人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた会社であることから、安心して利用できる紹介会社の一つといえるでしょう。

 

3.ファルマスタッフ




大手調剤チェーンである日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営するサイトです。

こちらも求人件数業界最大級の転職サイトです。母体が大手調剤薬局であることから、薬剤師の転職に必要な情報を得られることが期待できます。

 

4.ファルメイト



派遣に特化した転職サイトです。派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障となっています。月3、4日の単発派遣で副業で年収100万UPも可能です。1日単位での単発派遣も扱っています。

地方【高年収・高時給】案件もあります。地方の派遣ではかなりの高時給になることがありますから、稼ぎたい方は検討してみてはいかがでしょうか。