【薬剤師の転職】2回の転職で気づいたことードラッグストアの内側

この記事は約3分で読めます。

調剤重視か売り場重視か

私は、2回の転職経験があります。

1社目は調剤薬局です。
2社目、3社目はドラッグストアです。

現在3社目のドラッグストアに勤めています。

 

 

売り場重視

2社目に働いたドラッグストアはどちらかというと売り場重視でした。
というより、調剤事業部が弱いのかもしれません。

何かを調剤がはじめようとしても、ドラッグ側にストップさせられるようなことがありました。
店長は薬剤師でしたが、調剤が好きではないようでした。

 

「調剤は早く終わらせて売り場の仕事を手伝って!」

 

店長からはよくこのように言われました。

そのため、患者さんが多い日でも売り場の仕事もしなければいけなくて大変でした。

 

 

調剤重視のドラッグストア

今働いている会社は調剤併設型ドラッグストアですが、調剤重視のように感じます。
売り場の仕事をするよう求められることはほとんどありません。

調剤事業部は、ほぼ独立している感じで、店長(薬剤師ではない)が調剤について口出しすることはありません。

調剤の仕事を急かされることもありません。

 




 

売り場重視の会社なのか、それとも調剤重視の会社なのか

調剤併設型ドラッグストアの場合、二つの大きな業務があります。

売り場の仕事と調剤の二つのです。

 

そのため、売り場重視の会社なのか、それとも調剤重視の会社なのかによって大きな違いがあります。

 

それが、薬剤師としての働きやすさにも影響します。

 

 

まとめ

社風というのは、入ってみないとなかなかわからないものです。
どんな社風なのか判断する、一つとして何を重視している会社か注目してみてはいかがでしょうか。

 

転職サイト

ここからは、特に利用者の多い転職サイトをピックアップします。

1.薬キャリ



よく目にするサイトではないでしょうか。エムスリーキャリア株式会社の運営するサイトです。私も利用していますが、医療サイトのm3.comからは最新の医療情報を得ることができます。

求人情報数は、業界最大級の3万件以上を誇ります。薬剤師専門のサイトで、病院や調剤薬局の求人に強いのが特徴です。大手のサイトですが、地域専任のキャリアコンサルタントがいて様々な薬局を網羅しています。紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能です。

 

2.マイナビ薬剤師




「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの 株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職サイトです。

こちらも業界最大級の5万件以上の求人情報件数を誇ります。5年連続で「利用者満足度No.1」を売りにしています。(2017年11月の調査)全国の薬局を地域情報込みでシステム化していて、希望に合った求人が見つけやすくなっています。

薬剤師のみならず人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた会社であることから、安心して利用できる紹介会社の一つといえるでしょう。

 

3.ファルマスタッフ




大手調剤チェーンである日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営するサイトです。

こちらも求人件数業界最大級の転職サイトです。母体が大手調剤薬局であることから、薬剤師の転職に必要な情報を得られることが期待できます。

 

4.ファルメイト



派遣に特化した転職サイトです。派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障となっています。月3、4日の単発派遣で副業で年収100万UPも可能です。1日単位での単発派遣も扱っています。

地方【高年収・高時給】案件もあります。地方の派遣ではかなりの高時給になることがありますから、稼ぎたい方は検討してみてはいかがでしょうか。