【感染症】抗生物質の正しい使い方

この記事は約3分で読めます。

抗生物質を飲み残し?

「残っている抗生物質を服用していいですか?」

と質問されることがあります。

そもそも、抗生物質が残っているのはなぜでしょうか。
それは、患者さんが前回処方された抗生剤を最後まで服用しなかったらからです。

「それは、いつのお薬ですか?」と尋ねると、

「この前、風邪を引いたときに処方された薬です。風邪が治ってからは飲まなかったので・・・」

という答えです。

これ、薬局では結構ある話です。

でも、抗生物質は途中で服用を止めてはいけません。



抗生物質は服用を継続する

抗生物質は、継続して服用する必要があります。患者さんには、次のように説明しています。

「薬には、服用してすぐに効果が出る薬と、継続して服用する薬があります。抗生剤は、継続して服用してだんだんと効果が現れる薬です。」

もちろん、これで説明は終わりではありません。

でも、継続することが必要ということを、まず理解してもらう必要があります。

「途中で服用をやめずに服用を続けてください。」と言い添えます。

 

ポイント

抗生物質は継続することが大切です。



抗生物質は最後まで服用する

処方された抗生物質は、最後まで服用することが大切です。

「抗生物質は、菌を殺すお薬です。抗生剤を飲み始めると、体の中の菌がだんだんと減ってきます。でも、途中でやめてしまうと、また菌が増え始めます。」と説明します。

正確には「増殖を抑える」ですが、わからりやすく「菌を殺す」と説明してもいいと考えています。

そして、服用を始めると菌が再び増殖を始めます。

その結果、症状が再び悪化し、治りにくくなってしまいます。

症状が改善したからといって、服用をやめてしまわない事が大切です。

 

ポイント

抗生物質は最後まで服用することが大切です。



耐性菌の原因になる

抗生物質を中途半端に使用すると、耐性菌の原因になります。

「抗生物質の服用をやめてしまうと、抗生剤の効かない菌がわずかに生き残ります。

それを耐性菌といいます。

わずかに残った耐性菌が増殖することで、抗生物質が効かなくなってしまう事があります。」

抗生物質を使用しすぎたために、耐性菌が出現することが問題になっています。

できれば、耐性菌についても患者さんに理解して頂きたいところです。

 

ポイント

抗生物質の服用を中断したり、最後まで飲み切らないと、薬が効かなくなる事があります。

 

 

まとめ

・抗生物質は継続することが大切です。

抗生物質は最後まで服用することが大切です。

抗生物質の服用を中断したり、最後まで飲み切らないと、薬が効かなくなる事があります。