【睡眠薬】ロゼレムの作用と注意点

この記事は約3分で読めます。

ロゼレムは依存性の少ない薬です。
効果は強くありませんが、自然な睡眠を促す薬です。




ロゼレムの作用

ロゼレムは、睡眠にかかわるホルモンに関連する薬です。

睡眠に関係するホルモンメラトニンというものがあります。
メラトニンは、夜になると分泌されるホルモンです。
体温を低下させ、睡眠を誘導する働きがあります。

ロゼレムは、メラトニン受容体に作用します。
メラトニンのような働きをして、体が睡眠に向かうように働きます。

そのため、自然な睡眠を促すと言えます。

 

ロゼレムの注意点

緩和な作用

ロゼレムは依存性がなく自然な睡眠を促す薬ということで、安心して使用できる薬です。

その一方で、比較的マイルドな作用の薬です。
そのため、既にベンゾジアゼピン系などの睡眠薬を服用している方は、十分な効果を感じられない可能性があります。

初めて睡眠薬を服用する方など、軽症の不眠の方に適しています。

不眠で医師に相談する際に「自然な睡眠を促すような薬があると聞きましたが…」などと話すと、処方してもらえるかもしれません。

 

飲み合わせ

一緒に飲んではいけない薬があります。

ルボックスデプロメールという薬は併用できません。
どちらも、フルボキサミンマレイン酸塩という成分の薬です。
一緒に服用すると、ロゼレムの効果が強く出すぎてしまいます。

それは、肝臓の薬物代謝酵素CYP1A2を阻害するためです。
CYP1A2は、ロゼレムの代謝に関わる酵素です。

この酵素を邪魔してしまうことで、ロゼレムが壊されなくなり、ロゼレムの血中濃度が上昇します。
そのため、ロゼレムが効きすぎてしまうのです。

他にも、飲み合わせの悪い薬があるので注意が必要です。




授乳中

ラットで乳汁中へ移行したという報告があります。

服用する場合は、授乳を中止します。

 

肝機能障害

高度な肝機能障害の方の服用は禁止されています。
それは、ほとんどが肝臓で代謝されて体から消えていくためです。
肝機能が低下していると、血中濃度が上昇してしまいます。

 

翌朝の眠気

翌朝にも効果が残ってしまうことがあります。
眠気、注意力低下などに注意が必要です。

 

アルコール

他の睡眠薬にも言えることですが、服用中はアルコールを避ける必要があります。
注意力低下などの作用が強く出てしまいます。

 

 

まとめ

・ロゼレムはメラトニンというホルモンのような働きをする薬です。
・この作用から、比較的自然な睡眠が得られる薬です。
・緩和な作用なので、既に不眠やうつ病などの治療を受けている方には向いていません。
・肝機能や併用薬に注意が必要な薬です。