妊娠・授乳と薬

【妊娠】ドゥーテストなど排卵日検査薬と黄体形成ホルモン

排卵日検査薬は黄体形成ホルモン(LH)を調べています。

陽性の日から2日以内に排卵する確率は、91.1%と言われています。

 

排卵を誘発するLHサージ

LHサージとは、黄体形成ホルモン(LH)が一過性に放出される現象のことです。

 

黄体形成ホルモンは排卵を誘発します。

 

つまり、LHサージのしばらく後に排卵がおきるということです。

具体的には、LHサージが起きて血中の黄体ホルモン(LH)が急激に増加した後、24~36時間後に排卵が起こります。

 

LHサージが起きると、血液中の黄体形成ホルモン(LH)が増加しますが、その数時間後には、尿中の黄体形成ホルモン(LH)も増加します。

ここまでをまとめると、尿中の黄体形成ホルモン(LH)が増えたすぐ後に排卵が起きる、ということです。

 



 

尿中の黄体形成ホルモン(LH)を検査する

市販の排卵日検査薬は、尿中の黄体ホルモン(LH)を判定しています。

 

月経開始予定日の17日前から毎日検査をします。

尿中のLHを毎日検査していく事で、LHサージが始まるときを判定します。

 

つまり、急激に黄体形成ホルモン(LH)が増えた日が分かります。

 

検査キットを使用し、最も発色した日を陽性と判定します。

陽性の日から2日以内に排卵する確率は、91.1%と言われています。

 



 

 

メーカーによる違い

判定するときに、色の濃淡で判定するもの、マークの有無で判定するものなどがあります。

どれも、尿中の黄体形成ホルモン(LH)を判定します。

判定方法が異なっていても、原理は同じですので、好みのものを使用できます。

 

 

まとめ

・排卵日検査薬は黄体形成ホルモン(LH)を調べています。

・陽性の日から2日以内に排卵する確率は、91.1%と言われています。

参考資料:添付文書、ロート製薬ホームページ

 

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-妊娠・授乳と薬

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5