がんの治療と検査

アロプリノールのうがい液の作用機序

2019年6月11日

アロプリノールは、高尿酸血症治療薬です。

キサンチンオキシダーゼという酵素の働きを邪魔して、尿酸を減らす薬です。

 

尿酸プリン代謝経路で、出来上がります。

プリン体が代謝されて、最後にヒポキサンチンからキサンチンができ、キサンチンから尿酸ができます。

 

キサンチンオキシダーゼは、ヒポキサンチンからキサンチンができるのを助けます。

そして、キサンチンから尿酸ができるのも助けます。

 

アロプリノールは、キサンチンオキシダーゼにくっついて、尿酸ができるのを邪魔する働きがあります。

 

 



 

 

口内炎に対する効果

アロプリノールは、抗がん剤や放射線療法による粘膜の炎症を軽減するという報告があります。

特に、アロプリノールをうがい薬にすることで、口内炎の症状や発症を軽減するという報告があります。

 

アロプリノール錠剤を粉末にし、それを水に溶かしてうがい薬にします。

このようにして、作成したアロプリノールうがい液によるうがいを、1日2~3回、数週間継続することで効果が見られた、とする報告があります。

 

 



 

 

作用機序

詳しい作用機序は不明ですが、フリーラジカルを消去すると考えられています。

 

フリーラジカルは、抗がん剤や放射線治療の抗腫瘍作用に関係しています。

抗がん剤などの副作用も、フリーラジカルによって引き起こされるものと思われます。

フリーラジカルが粘膜の細胞を傷つけることで、口内炎などの粘膜の炎症を引き起こすと考えられます。

 

アロプリノールは、口腔内の粘膜に生じたフリーラジカルを除去して炎症を抑えるものと思われます。

 

 

まとめ

・抗尿酸血症の薬であるアロプリノールが、抗がん剤や放射線療法による粘膜炎を軽減するという報告があります。

・作用機序は不明ですが、口内炎の原因となっているフリーラジカルを消去することによると考えられています。

 

 

参考資料:歯薬療法Vol.15No.1 1996

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

  コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-がんの治療と検査
-, ,

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.