がんの治療と検査

アロプリノールのうがい液の作用機序

アロプリノールは、高尿酸血症治療薬です。

キサンチンオキシダーゼという酵素の働きを邪魔して、尿酸を減らす薬です。

 

尿酸プリン代謝経路で、出来上がります。

プリン体が代謝されて、最後にヒポキサンチンからキサンチンができ、キサンチンから尿酸ができます。

 

キサンチンオキシダーゼは、ヒポキサンチンからキサンチンができるのを助けます。

そして、キサンチンから尿酸ができるのも助けます。

 

アロプリノールは、キサンチンオキシダーゼにくっついて、尿酸ができるのを邪魔する働きがあります。

 

 



 

 

口内炎に対する効果

アロプリノールは、抗がん剤や放射線療法による粘膜の炎症を軽減するという報告があります。

特に、アロプリノールをうがい薬にすることで、口内炎の症状や発症を軽減するという報告があります。

 

アロプリノール錠剤を粉末にし、それを水に溶かしてうがい薬にします。

このようにして、作成したアロプリノールうがい液によるうがいを、1日2~3回、数週間継続することで効果が見られた、とする報告があります。

 

 



 

 

作用機序

詳しい作用機序は不明ですが、フリーラジカルを消去すると考えられています。

 

フリーラジカルは、抗がん剤や放射線治療の抗腫瘍作用に関係しています。

抗がん剤などの副作用も、フリーラジカルによって引き起こされるものと思われます。

フリーラジカルが粘膜の細胞を傷つけることで、口内炎などの粘膜の炎症を引き起こすと考えられます。

 

アロプリノールは、口腔内の粘膜に生じたフリーラジカルを除去して炎症を抑えるものと思われます。

 

 

まとめ

・抗尿酸血症の薬であるアロプリノールが、抗がん剤や放射線療法による粘膜炎を軽減するという報告があります。

・作用機序は不明ですが、口内炎の原因となっているフリーラジカルを消去することによると考えられています。

 

 

参考資料:歯薬療法Vol.15No.1 1996

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

 

\\1枚24円送料無料のマスクはこちら//

送料無料のマスクサブスク

 

おすすめ記事

1

8月29日からマスクの転売規制が解除になります。またマスクが品薄になるのではないか、マスクの価格が上昇すのではないか、と心配の声が上がっています。 今のところ、ネットでの価格は安定していますし、マスク ...

2

薬剤師の転職は、転職サイトを選ぶところから始まります。この記事では、3つの厳選した転職サイトを紹介します。病院や調剤薬局に強いサイト、派遣に強いサイトなど特徴を把握して選びましょう。求人件数などのデー ...

3

僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていますが、ほとんどストレスがありません。   なんでストレスなく働けているか?   結論から言うと、①人間関係のストレスが少ないから、②売り場の ...

4

膣カンジダの市販薬には、エンペシドL、メディトリート、フレディCC、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。 膣カンジダの市販薬は、もともと病院で処方されてきた医療 ...

5

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

6

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。 目次1 痔の種類2 ...

7

市販の水虫薬には、病院でも処方されるものがあります。この記事では、市販されているもののうち病院で良く処方される薬を紹介します。 水虫薬の作用についても解説します。 ✔水虫には抗真菌薬を使 ...

-がんの治療と検査
-, ,

© 2020 わかりやすい薬の解説 Powered by AFFINGER5