【皮膚】ハチに刺された時の応急処置

この記事は約3分で読めます。

ハチに刺されたときは、冷静に対処する事が大切です。

場合によっては、すぐに医療機関にかかる必要があります。

医療機関にかかるまでの間、どんな応急処置をすればいいのでしょう。

特に気を付けるべき症状とは?

この記事ではハチに刺されたときの応急処置をまとめています。

 

 

ハチに刺された時の応急処置

①その場から離れる

ハチが興奮することで、さらに蜂が近づいて来る可能性があります。
姿勢を低くして、すぐにその場から離れる必要があります。

特にミツバチは、刺すと針が取れて興奮物質が周りに広がります。興奮物質によって、さらにミツバチが集まります。

すぐにその場から離れ、針を抜く必要があります。

 

②傷口を強くしぼりながら水で良く洗う

毒針が残っている場合は取り除きます。
その後、毒液を絞り出します。
ポイズンリムーバーを使用することも効果的です。
アウトドアに出かけるときなどに、前もって用意しておくとよいでしょう。

20190627

③傷口を水で冷やす

ハチに刺されると、蜂毒の刺激で激しい痛みと共に赤く腫れあがります。
患部を良く冷やすことが効果的です。

 

④抗ヒスタミン軟膏かステロイド軟膏を塗る

患部に抗ヒスタミン薬を含む外用薬を塗布します。
ステロイドを含むものも効果的です。
市販薬でも対応できますが、症状が酷い場合は早めに医療機関を受診します。

 

 



 

 

直ちに医療機関を受診するべきケース

①全身症状

発疹、吐き気、呼吸困難などの全身症状が現れる場合は、蜂毒の刺激だけでなくアレルギー反応によるアナフィラキシーの可能性があります。
この場合は緊急を要するため、すぐに医療機関を受診します。
アナフィラキシーショックの可能性があり、エピペンの処方を受けている場合は、すぐにエピペンを使用します。

【アレルギー】エピペンはアナフィラキシーの第一選択薬
アナフィラキシーは、「アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」と定義されます。アレルギー反応のうち、全身に症状が出て、命の危険があるもののことです。皮膚の発疹、唇や下など粘膜の腫れ、

 

②以前にハチに刺され全身症状が出たことがある

以前に、ハチに刺されて、発疹、吐き気、呼吸困難などの全身症状が出たことがある場合も、すぐに医療機関を受診します。
アナフィラキー症状が出ていないかに注意を払います。

 

③たくさん刺されてしまった

特に、首・頭・顔・心臓に近いところを刺された場合は注意が必要です。
この場合も、すぐに医療機関を受診します。

 

 

まとめ

・症状が患部だけの場合と全身症状がある場合で対処が異なります。

・いずれにしても、早めに医療機関を受診しましょう。

・特にアナフィラキシーの可能性がある場合は迅速な対応が必要です。

 

 

参考資料:皮膚科Q&A-公益社団法人ー日本皮膚科学会、ハチに刺されたときの応急処置-豊島区ホームページ