【皮膚】ワキガの原因はアポクリン腺と黄色ブドウ球菌

この記事は約3分で読めます。

ワキガは、専門用語では腋臭症(えきしゅうしょう)といいます。

ワキガとは、汗の成分が原因で強いにおいを発する体質、または疾患のことです。

日本人などの黄色人種ではその頻度は約10%の人がワキガといわれています。

白人黒人ではほとんどの人がワキガの体質を持っています。

 

エクリン腺とアポクリン腺

人の汗腺にはエクリン腺アポクリン腺があります。

エクリン腺

エクリン腺はほぼ全身にあり、暑いときや緊張した時にはエクリン腺から汗が分泌されます。

エクリン腺からはサラサラの汗が分泌されます。

 

アポクリン腺

アポクリン腺から分泌される汗の成分がワキガの原因になります。

アポクリン腺は、わきの下、外耳道、まぶたの縁、鼻、乳輪、外陰部などの毛穴に分布に分布しています。

アポクリン腺からベタベタとした汗が分泌されます。

 

アポクリン腺から分泌される汗には脂質・タンパク質が含まれています。

そのような汗の成分が、皮膚表面の黄色ブドウ球菌などの細菌によって分解されることで、臭いの原因となる物質が生成されると考えられています。

特に、脂肪酸が細菌によって分解されることで生成される、3メチル2へキセノイン酸という物質がワキガの強い臭いの原因と考えられています。

 

 

ワキガの治療

ワキガの治療には、生活習慣の改善、手術、薬物療法などがあります。

 

生活習慣

規則的な生活を心がけることが大切です。
脇の下を定期的に拭いて清潔を保ちます。
不機嫌の種類や市販の制汗剤を試してみます。

 

こうした生活習慣の改善で効果が表れない場合に、手術や薬物療法を行います。

 

 

病院での治療

病院では、手術治療、レーザーまたは針による脱毛法、イオン導入法などの治療があります。

ワキガの手術

皮膚を切開して、アポクリン腺の分布している層を、外科手術用はさみで皮膚の裏側から切除する方法が最もよく行われています。

このような手術によって、9割以上の方は大半のにおいが減少します。

一方、完全に臭いを取り去るのは難しく、臭いの後戻りが起こることがあります。

 

薬物療法

塩化アルミニウム液や抗菌薬が使用されます。

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液は、一時的に汗を出す管(汗管)を塞いで、汗の量を減らすといわれています。

わきの下に、20~30%塩化アルミニウム溶液を寝る前に外用します。

効果がでるまで2~3週間かかります。

汗が止まってきたら外用回数を1週間に2~3回に減らすことも可能です。

中止すると再発することがあるので注意が必要です。

20190625

 

抗菌外用薬

抗菌薬によって、皮膚表面にいる細菌の増殖を抑えます。

それによって、細菌が汗の成分を分解することを防ぐことができます。

抗菌外用薬は、皮膚科などで処方してもらえる場合があります。

 

 

まとめ

・ワキガとは、汗の成分が原因で強いにおいを発する体質、または疾患のことです。

・アポクリン腺から分泌される汗の成分がワキガの原因になります。

・ワキガの治療に使う薬には、塩化アルミニウム液や抗菌薬があります。

 

参考資料:皮膚科Q&A|公益社団法人日本皮膚科学会ホームページ、腋臭症|一般社団法人日本形成外科学会ホームページ、ふじい皮ふ科ホームページ