【市販薬】ドリエルなどの睡眠改善薬の成分は抗ヒスタミン薬

この記事は約3分で読めます。

 

 

ドリエルの成分は、第一世代抗ヒスタミン薬ジフェンヒドラミンです。
寝つきが悪い、眠りが浅いなどの一時的な睡眠障害に使用できます。

第一世代抗ヒスタミン薬は、長年にわたって鼻炎などに対して抗アレルギー薬として使用されてきました。
第一世代抗ヒスタミン薬は、眠気やふらつきなどの副作用が知られていて、ドリエルはこの副作用を逆手にとった薬といえます。

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬とは

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体にくっついてヒスタミンの働きを邪魔する薬です。
第一世代抗ヒスタミン薬第二世代抗ヒスタミン薬があります。

 

ヒスタミンはアレルギー反応に関係しますが、脳内では神経伝達に関わっています。
ヒスタミンは脳内で覚せい、記憶、学習機能などに関係します。

第一世代抗ヒスタミン薬は、脳内のヒスタミン受容体をふさいでしまうため眠気を引き起こします。

一方、第二世代抗ヒスタミン薬は、眠気などの副作用を改善した抗ヒスタミン薬です。

 

 

 

使用制限



市販のジフェンヒドラミンは、以下の方は服用できません。

・妊婦
・15歳未満の小児
・日常的な不眠や不眠症の診断を受けた患者
・授乳中の方

 

 

抗コリン作用があるため、排尿困難、緑内障に注意が必要です。

特に、高齢の方にはお勧めできない薬です。

 

 

飲み合わせ

他の睡眠薬など、眠気を引き起こす薬とは一緒に服用できません。

具体的には、他の睡眠鎮静薬、風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を有する薬剤(鼻炎用内服薬、乗り物酔い薬、アレルギー用薬)などとは一緒に服用できません。

 

 

 

 

どんな人に合っているか

ジフェンヒドラミンは、2~3日程度の一時的な不眠の症状に使用できます。
睡眠障害が1週間以上続くような場合は、医師の診察を受けてもらう必要があります。
長期間に渡って使用する薬ではありません。

 

 

まとめ

・ドリエルなどの睡眠改善薬は、第一世代抗ヒスタミン薬の眠気やふらつきなどの副作用を逆手にとった薬です。

・第一世代抗ヒスタミン薬は、脳内のヒスタミン受容体をふさいでしまうため眠気を引き起こします。

・ジフェンヒドラミンは、2~3日程度の一時的な不眠の症状に使用できます。

 

 

参考資料:日経DI2007/3/15