次回から「わかりやすい薬の解説」と検索してくださいませ。

痔の種類とボラザGの効き目

この記事は約3分で読めます。

ボラザGは、ステロイドを含まない痔の治療薬です。
傷の治癒促進し、痛みを抑える効き目があります。
症状が軽い場合などに長期間使用でき、症状に応じて増減が可能です。

この記事では、痔の種類とボラザGの効き目について解説します。

痔の治療

痔は、直腸や肛門に炎症ができている状態です。硬い便によって患部が傷つき、炎症がさらに治りにくくなってしまいます。痔の種類には、イボ痔(痔核)や切れ痔(裂肛)などがあります。

イボ痔(痔核)とは、肛門の内部や周囲の血流が悪くなり腫れる状態のことです。
切れ痔(裂肛)とは、肛門の出口付近の皮膚が切れたり裂けたりする状態のことです。

痔の治療薬には、炎症を抑える薬、傷の治りを良くする薬、痛みを抑える薬などが使われます。ボラザGは、傷の治りを良くする薬、痛みを抑える薬を配合した薬です。

 

ボラザGの効き目



創傷部の治癒促進作用のあるトリベノシドと局所麻酔薬のリドカインを配合しています。

ボラザGにはステロイド薬が配合されていません。ボラザGに配合されているトリベノシドは、創傷治癒促進作用があります。この点が、抗炎症作用があるものの治癒促進作用がないステロイド薬とは異なります。

効能・効果は以下の通りです。
・痔核に伴う症状(出血、疼痛、腫脹)の緩解
・裂肛に伴う症状(出血、疼痛)の緩解、裂創上皮化の促進

 

 

トリベノシドの作用



トリベノシドには、抗浮腫作用、創傷治癒促進作用、循環改善作用があります。

 

抗浮腫作用

患部の浮腫に対して抑制する作用があります。

 

創傷治癒促進作用

特にリドカインと一緒に使用した際に、傷の治りをよくする作用があります。

 

循環改善作用

患部の血流を改善する作用があります。具体的にはトロンビンによって血流が低下することを防ぎます。

 

リドカインの作用

リドカインは局所麻酔薬です。神経の伝導を抑えることで鎮痛作用を発揮します。

 

 

ボラザG軟膏の用法



ボラザG軟膏は、1日2回、患部に塗布または注入します。症状に応じて回数を増減できます。

用法用量は以下の通りです。

内痔核には、通常1回1容器分(注入量でトリベノシドとして200mg、リドカインとして40mg)を、1日2回朝夕肛門内に注入する。症状に応じて適宜回数を増減する。
裂肛、外痔核には、通常適量を1日2回朝夕患部に塗布又は注入する。症状に応じて適宜回数を増減する。

 

 

ボラザG坐剤の用法



ボラザG坐剤は、1回1個1日2回肛門内に挿入します。こちらも、適宜増減できます。

用法用量は以下の通りです。

通常1回1個ずつ(トリベノシドとして200mg、リドカインとして40mg)、1日2回朝夕肛門内に挿入する。症状に応じて適宜増減する。

 

 

まとめ

・ボラザGは、傷の治りをよくする作用があり、長期間の使用が可能です。
・用法は、症状に応じた増減が可能です。

 

参考資料:ボラザG軟膏インタビューフォーム、ボラザG軟膏添付文書、ボラザG坐剤添付文書