胃腸と肝臓の病気 胃腸薬 漢方薬・生薬

乙字湯の効果はどれくらい?【いぼ痔】【切れ痔】

乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。

症状がひどいときは、坐薬や軟膏などの外用薬を使いましょう。

・乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。

・症状がひどくないけど、悪化するのが心配な方や、できれば坐薬を使いたくない方におすすめです。

・症状がひどい時は、坐薬や軟膏を使いましょう。

 

 

乙字湯には、【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】など市販薬があります。

 

\\公式サイトがお得です//
【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】

 

【痔の薬】コスパがいい乙字湯はどれ?【価格を比較】

乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。症状がひどくないけど、悪化するのが心配な方や、できれば坐薬を使いたくない方におすすめです。 乙字湯はいくつものメーカーから販売されています。インターネットでは ...

続きを見る

 

乙字湯の効果はどれくらい?

乙字湯は軽い症状に

乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。

乙字湯は、痔の症状が軽い時に使用できます。いぼ痔や切れ痔に有効です。

うっ血をとることで腫れを抑えたり、傷の治りを早めます。便の通りを良くして、排便時の痛みや圧迫をやわらげる作用もあります。筋肉の緊張を高めて、中の痔が出てこないようにします。

ツムラ乙字湯の効能効果は以下の通りです。

病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していないものの次の諸症:キレ痔、イボ痔

1日に2~3回内服します。

 

配合生薬は?

当帰(トウキ)、 柴胡(サイコ)、 黄芩(オウゴン)、 甘草(カンゾウ)、 升麻(ショウマ)、 大黄(ダイオウ)という生薬が配合されています。

大黄(ダイオウ)には便秘を改善する作用もあります。軟便の場合にはあまり向きません。

甘草が配合されているので、ごくまれに一時的な高血圧になることがあります。血圧が高い方は、医師に相談しましょう。

 

痔の症状

痔の症状は、肛門のあたりの痛みや出血です。硬い便などで、肛門や直腸に傷がつくと炎症が起きてしまいます。

いぼ痔や切れ痔があります。

いぼ痔とは

いぼ痔は肛門のあたりの血流が悪くなって晴れている状態です。

切れ痔とは

切れ痔は、肛門のあたりが切れている状態です。

 

症状がひどいときは坐薬や軟膏を

症状がひどい時は、坐薬や軟膏を使いましょう。

乙字湯は軽い症状に向いていますので、症状がひどい時は、坐薬や軟膏を使いましょう。

坐薬や軟膏を、使っているときも乙字湯を服用できます。

坐薬や軟膏は市販薬もあります。症状がひどいときには、一時的な症状を抑えるために使えます。

痔の種類と市販薬の選び方

市販薬でなんとかしたい。 痔のつらい症状で、人知れず悩んでいる方も多いと思います。 痔の市販薬は、症状を一時的に抑える薬です。この記事では、市販の痔の薬の作用について解説します。   目次1 ...

続きを見る

 

便の状態を整える

便の状態を整えることも大切です。乳酸菌は、乳酸を作りだして腸内環境を整えます。主に発酵食品にいる善玉菌なので食品やサプリメントからの摂取も可能です。

乳酸菌革命

36万袋の販売実績がある実力派乳酸菌サプリです。ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌などの乳酸菌が16種類配合されています。

乳酸菌青汁

大正製薬の乳酸菌配合の青汁です。3種の乳酸菌を1杯に約200億個配合しています。善玉菌のエサとなる食物繊維も配合されています。

整腸剤の使い分け【便秘や下痢への効果とは】

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

続きを見る

 

まとめ

 

・乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。

・症状がひどくないけど、悪化するのが心配な方や、できれば坐薬を使いたくない方におすすめです。

・症状がひどい時は、坐薬や軟膏を使いましょう。

 

参考資料:ツムラ乙字湯添付文書、インタビューフォーム、クラシエホームページ

 

\\公式サイトがお得です//
【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】

【痔の薬】コスパがいい乙字湯はどれ?【価格を比較】

乙字湯は症状が軽い痔に効果的な漢方薬です。症状がひどくないけど、悪化するのが心配な方や、できれば坐薬を使いたくない方におすすめです。 乙字湯はいくつものメーカーから販売されています。インターネットでは ...

続きを見る

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

-胃腸と肝臓の病気, 胃腸薬, 漢方薬・生薬

© 2020 わかりやすい薬の解説-公式サイト Powered by AFFINGER5