【肝斑】トラネキサム酸のシミへの効果

この記事は約6分で読めます。

トラネキサム酸は、シミにどのように効くのでしょうか。このサイトでは、患者さんに薬の説明をする薬剤師の視点で薬の解説をしています。普段、患者さんに説明しきないことまで、詳しく解説します。この記事では、トラネキサム酸の作用をまとめています。わかりやすい言葉で解説しています。

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は抗プラスミン剤と呼ばれ、プラスミンの働きを邪魔する作用がある薬です。止血作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあることが知られています。さらに、シミにも効果があることが分かっています。

 

 

プラスミンとは

プラスミンには血栓を溶かす作用があります。出血が起こると、血小板が集まり血小板血栓ができます。血小板血栓によって出血を止める止血のことを一次止血といいます。そのあと、網目状の膜となったフィブリンが血小板血栓を覆い固める止血を二次止血といいます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

【血栓予防】血液凝固因子とFⅩa阻害薬ーリクシアナなど
止血とは止血には大きく分けて二つの過程があり、それぞれ一次止血、二次止血といいます。一次止血一次止血のポイントは血小板です。血管が破れると、血小板が集まってきます。そして、血小板同士がつながって血栓を作り、傷口をふさぎます。この血栓を血小板

 

止血が完了すると、覆いかぶさっているフィブリンは要らなくなります。

ここで登場するのがプラスミンです。

プラスミンは要らなくなったフィブリンを溶かしていきます。プラスミンは普段はプラスミノーゲンという不活性な形で血液中に存在しますが、血栓ができた時だけ、プラスミノーゲンがプラスミンに変化して血栓を溶かしていきます。



 

トラネキサム酸の止血作用

トラネキサム酸はプラスミンの働きを邪魔します。以下の二つの作用でプラスミンが血栓を溶かすのを邪魔して止血作用を発揮します。

 

①プラスミンの生成を邪魔します

トラネキサム酸がプラスミンの原料であるプラスミノーゲンにくっつきます。すると、プラスミノーゲンがプラスミンに変換できなくなります。

 

②プラスミンがフィブリンにくっつくのを邪魔します

トラネキサム酸は、プラスミンにもくっつきます。トラネキサム酸がくっついたプラスミンはフィブリンにくっつくことができなくなります。そのため、フィブリンを溶かすことができなくなります。

このように、トラネキサム酸はプラスミンが血栓を溶かす作用を邪魔します。

血栓を溶けにくくすることで、止血作用を発揮します。

 



 

トラネキサム酸の抗アレルギー、抗炎症作用

プラスミンは炎症の発現にも関係しています。

プラスミンは、アレルギーや炎症を引き起こすキニンなどをつくり出します。トラネキサム酸は、プラスミンの働きを邪魔することで、アレルギー反応や炎症反応を抑えます。それにより、トラネキサム酸には口内炎や喉の痛みや腫れを抑える作用があります。トラネキサム酸は、のどの炎症を抑える目的で使用されることが多い薬です。



 

 

トラネキサム酸のシミへ効果

シミにはいくつかの種類があります。トラネキサム酸は、特に肝斑と呼ばれるシミに効果があることが分かっています。そのため、他の種類のシミではないか見分けることが大切です。

シミには肝斑の他に、老人性色素斑、そばかす、炎症性色素沈着症、対称性真皮メラノサイトーシスなどがあります。

 

老人性色素斑

老人性色素斑は、シミの中で最も多いものです。30歳を過ぎてから目立ち始めます。長い間、何度も日光に当たることで、皮膚の細胞が変化することで生じると考えられています。

 

そばかす(雀卵斑)

そばかすは、遺伝による影響が強く、3歳ころからできはじめます。30歳をすぎると、増えることはなくなります。

 

炎症性色素沈着症

炎症性色素沈着症は、年齢や性別に関係なく、皮膚の炎症がおこったあとにできる色素沈着です。ニキビや化粧品によって炎症が起こった部分にできてしまいます。

 

対称性真皮メラノサイトーシス

対称性真皮メラノサイトーシスは、成人の女性の頬や額にできる小さな色素斑です。シミというよりアザに分類されます。肝斑と間違いやすいため、注意が必要です。

 



肝斑とは

肝斑の特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。

肝斑の原因の一つが、表皮のメラニン色素の増加です。妊娠経口避妊薬によって悪化することが報告されています。紫外線も、肝斑を発症させたり、悪化させたりしていると考えられています。



肝斑の発症メカニズム

肝斑の原因は、十分にはわかっていませんが、皮膚にあるケラチノサイト(角化細胞)が関係していると考えられています。皮膚にあるケラチノサイトから放出される物質がメラノサイト(色素細胞)を刺激します。その結果メラノサイトでつくられる、メラニンがシミの原因になります。

 

 

肝斑とプラスミン

色素細胞(メラノサイト)を刺激する物質の一つがプラスミンであることが分かっています。

紫外線の刺激を受けると、皮膚の角化細胞(ケラチノサイト)によってプラスミノーゲンを刺激する物質ができます。これを、プラスミノーゲン活性化因子といいます。プラスミノーゲン活性化因子は、プラスミノーゲンをプラスミンに変換します。こうして出来上がったプラスミンがメラノサイトを刺激します。

 

 

肝斑へのトラネキサム酸の作用

トラネキサム酸は、プラスミンにくっつくことで、間接的に色素細胞(メラニン)の生成を抑えると考えられています。トラネキサム酸がくっついたプラスミンは、角化細胞(メラノサイト)にくっつくことができなくなります。そのため、「プラスミンが色素細胞(メラノサイト)を刺激してメラニンをつくらせる」ということができなくなり、シミの生成が抑えられます。

 

 

まとめ

・トラネキサム酸は抗プラスミン剤と呼ばれ、プラスミンの働きを邪魔する作用がある薬です。

・トラネキサム酸はプラスミンが血栓を溶かす作用を邪魔することで、止血作用を発揮します。

・トラネキサム酸がくっついたプラスミンは、メラノサイトを刺激してメラニンを作らせることができなくなり、シミの生成が抑えられます。

 

参考資料:ファルマシアVol.44 No.5 2008

 

new

※トランシーノⅡは第一類医薬品のため、薬剤師による販売が義務付けられています。インターネットでの購入も可能です。