外用薬

フルコートとベトネベートの強さは?【市販のステロイド薬で最強】

2019年11月4日

ステロイドの塗り薬は、強力に炎症を抑える作用があります。一番の注意点は、菌やウイルスなどの感染が原因の場合には使用できないことです。水虫やとびひなどには使えません。

 

症状に合った強さのステロイドを使う必要があります。市販のステロイドで一番の強いのは、フルコートfとベトネベートです。一番と言っても二つあります。この二つはほぼ同程度です。

 

ステロイドとは

ステロイドは、強力に炎症を抑える薬です。皮膚の過剰な免疫を抑えることで作用を発揮します。炎症を抑える作用もあります。湿疹、かぶれなどに使用できます。

ステロイドが適さないこともある

菌やウイルスなどの感染が原因の場合は、ステロイドは使用できません。ステロイドは免疫を抑えてしまうからです。免疫を抑えることで、菌やウイルスに対する抵抗力が弱くなり症状が悪化してしまいます。

ステロイドが使えない代表的な症状

・水虫、いんきんたむし、カンジダ
真菌が原因なので、ステロイドは使用できません。

・ヘルペス、帯状疱疹
ウイルスが原因なので、ステロイドは使用できません。

・とびひ、にきびなど
菌が原因なので、ステロイドは使用できません。

 

ステロイドの強さ

ステロイドは、効果の強さによって以下の5段階にランク分けされています。

・ストロンゲスト(最も強い)
・ベリーストロング(非常に強い)
・ストロング(強い)
・マイルド(穏やか)
・ウィーク(弱い)

炎症の状態に応じて使い分けをします。

副作用を恐れて症状がひどいのに弱いステロイドを使用する方がいますが、それはおすすめできません。
症状が改善せず、長期間ステロイドを使用することになってしまいます。

症状に合った強さのステロイドを使用して、早めに炎症を抑えることが大切です。

 

市販薬で一番強いステロイド

ベリーストロングとストロンゲストのステロイドは市販されていません。したがって、市販されているステロイドで最も強力なのはストロングです。具体的にはフルコートf(フルオロシノロンアセトニド)とベトネベート(ベタメタゾン吉草酸エステル)が、市販薬で最も強力なステロイドということになります。

 

市販薬の中で最も強力なステロイド

以下の成分が市販薬で最も強力なステロイドです。

・フルオロシノロンアセトニド
商品名:フルコートf


 

・ベタメタゾン吉草酸エステル
商品名:ベトネベート


まとめ

・ステロイドは強力に炎症を抑える薬です。
・菌やウイルスなどの感染が原因の場合には使用できません。
・症状に合った強さのステロイドを使用しましょう。
・市販薬で最も強いステロイドはフルオロシノロンアセトニドとベタメタゾン吉草酸エステルです。

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

よく読まれている記事

1

コロナウイルスの感染予防には、手洗いや、手洗い後のアルコール消毒が有効です。テーブルや食器、ドアノブや便器などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。流行期には特に消毒をして感染を予防しましょう。 ...

2

新型コロナウイルスが広がっていますが、”正しく怖れる”ことが大切と言われています。マスクの買い占めをしたりしてパニックに陥らないようにしたいですね。マスクやアルコール消毒に注意が行きがちですが、こまめ ...

3

「病院に行ったけど薬をもらうのを忘れた」 そんな経験はありますか?薬をもらい忘れて連休に入ってしまうと薬局を探すのにも一苦労です。そんな時、処方箋のネット予約が便利です。   EPARKくす ...

4

使い分けの方法は決まっていません。 整腸剤には、主に4種類の善玉菌が使われます。 それぞれの特性を生かしたさまざまな組み合わせがあります。 整腸剤は腸に善玉菌を送り込むことで腸内細菌のバランスを整える ...

5

症状に応じて使い分けましょう。 抗ヒスタミン薬 抗ヒスタミン薬の飲み薬には、たくさんの種類があります。大きく分けて2つ―第一抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬があります。 第一世代抗ヒスタミン薬 ...

6

人に聞きにくい体の悩みを抱えたことはありませんか。 このサイトでは、人に聞きにくい薬の疑問を薬剤師の視点で薬の解説をしています。 この記事では、膣カンジダの原因と薬についてまとめています。 わかりやす ...

-外用薬

Copyright© わかりやすい薬の解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.